2009年02月24日

焼肉ジャンボ 篠崎

ラーメン王こばさんは焼肉マニアでもある。あれだけストイックにラーメンを食べ歩いているのに、焼肉店の訪問数も半端じゃない。ラーメン界の大御所、大崎裕史さんはそれ以上。この方たちの焼肉食べ歩きはすごい。なんと焼肉屋の連食もよくやるらしい。その焼肉通のお二人がオススメする店、焼肉ジャンボ。ザガットサーベイの「料理」ランキングで、2008年1位、2009年2位とという名店。全てのジャンルの中で毎年この順位。この東京一の焼肉屋に、常連こばさんのお誘いで初訪問することができた。

08030703.JPG

焼肉にもいろんなタイプがある。「叙々苑 游玄亭」と「スタミナ苑」は肉もスタイルも全然違うけれども、どちらも上質な肉が楽しめる。切り方が違うし、食べ方も違う。それだけで全く別のものになる。産地や品質が違っても肉は肉。それでも店によってこれほど大きな差が出るとは、驚くほどだ。

08030704.JPG

08030705.JPG

ジャンボの焼肉はこの2店とはまた全然違う。街の焼肉屋のような甘めのタレも個性の一つ。その辺の焼き肉屋と見た目は変わらない。違うのは肉質。この値段でこの肉はすごい。コスパの高さに驚いてしまう。普通の焼肉屋にはない、珍しい部位があるのも焼肉ジャンボの売り。この日は残念ながらあまり残ってなかった。それでもミスジやトモサンカク、シンシンなどを食べることができた。

08030701.JPG
しゃばぞう焼き

08030702.JPG
肉の寿司

08030707.JPG

08030706.JPG

サイドメニューの面白さも焼肉ジャンボの魅力だろう。特にしゃばぞう焼きのインパクトはすごい。意外や意外、メンチカツやカレーライスもうまかった。しかもメンチカツのソースは自家製。これが焼肉屋だろうか、というくらいサイドメニューは個性派ぞろいだ。「こりゃ~うまいでえ~」と何でもそう言って持ってくるご主人のキャラクターも面白い。どんな肉でもとにかく「うまいでえ~、こりゃ最高やで~」と言いながら持ってくる。

ご一緒したのは、こばさん東京カリー番長さん築地王さんヒロキエさんなどなど。もう一度行きたいけど、ちょっと遠いかな~というような辺鄙な場所にある。それでもさすがの人気店、この日も大盛況だった。

08030708.JPG
ハンバーグと目玉焼き

08030709.JPG

【注文したもの】
しゃばぞう焼き、タン塩、カルビ、ともさんかく、ロース、腕ロース、ミスジ、しんしん、センマイ刺し、ザブトン、メンチカツ、カレーライス、ハンバーグと目玉焼きなど。

■住所:東京都江戸川区篠崎町4-13-19
■電話:03-3679-8929
■営業時間:17:00~24:00
■定休日:火曜日
2008.03.07

東京都江戸川区篠崎町4-13-19


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/266

コメント

1年前シリーズは好調のようだな(笑)
ここのご主人の決めセリフ「こりゃぁ~美味いでぇ~!」に、皆、暗示にかかってしまう部分もあるのかもしれんのう(^^;
行くにくい場所にあるけど私にとっても再訪してみたい焼肉店のトップ1であるぞよ。

◆ヒロキエさん
1年前シリーズは好調です(笑)
「こりゃぁ~美味いでぇ~!」をまた聞きにいきたいですね♪

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)