2009年03月16日

とんかつ三金 四ツ谷

四谷のとんかつ三金に来るのはこれで2回目。店内は喫茶店のようにまったりとして、BGMもそれっぽい。みんな思い思いに、新聞を読んだりお喋りをしたりしています。席に座ると隣のお客さんがそれとなくスポーツ新聞を回してくれました。とんかつ屋にしては変わった雰囲気の店です。

09021101.JPG
ヒレかつ定食

ヒレかつ定食(白河高原豚)1,850円。定食にはライス、味噌汁、漬物がつきます。三金はとんかつだけでなく、付け合せも平均的に美味しい店。とんかつはカツだけでなく、この三点セットがうまくないとダメです。しかも三金はおかわり自由。何度もおかわりする人もいて、店員さんも気持ちよく応じていました。

ご飯はなかなかうまい。メニューによると新潟県上越市の「中嶋農産」の低農薬・有機栽培の新潟コシヒカリとのこと。味はいいのですが、かなり大盛りなので、おかわりの必要はありませんでした。みそ汁はしじみの香りが強いタイプ。キャベツはなかなかいい。これはしっかりおかわりしました

09021102.JPG

09021103.JPG

カツは衣がちょっと油っぽいものの、肉は厚みがあって食べ応えがあります。とんかつに何をつけて食べるかは永遠のテーマではないでしょうか。僕は基本的に何もつけずに食べています。美味しい塩があれば塩で食べるし、ソースを少しつけることもあります。あまりこだわらずにその時々で、とんかつに合わせて食べ方を変えます。

ソースとカラシで食べるのが一般的でしょうか。でもカリカリの衣に液体を垂らすと、衣が台なしになってしまうので、揚げ物にソースは厳禁というのもよく聞きます。だから塩で食べる人も多い。三金は卓上に塩はありませんでしたが、そもそも塩で食べるタイプのとんかつではないかも。

今回ははカラシをつけ、ソースを少し垂らして食べました。はじめの一口は何もつけずに食べてみて、食べ方を考えます。豚肉の個性が強く衣が油っこいので、そのままだとちょっときつい。結局カラシとソースが一番おいしく食べれることが分かりました。

とんかつ三金は四ッ谷駅から徒歩1分のとんかつの老舗。キャベツ、ご飯、味噌汁がおかわり自由なので、ガッツリ食べることができる貴重な店です。

■店名:とんかつ三金
■住所:東京都新宿区四谷1-2
■電話:03-3357-0331
■営業時間:11:00~22:00
■定休日:無休
2009.02.11

東京都新宿区四谷1-2


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/475

コメント

一気にソースをかけると、せっかくの衣が台無しですよね。
私の場合、カツを食べる時はソースを傍らに置き、一口食べるごとにソースをかけるか、または小皿を頂き、そこにソースを入れて「ツケツケ」して食べます。
ただし、一緒に行った人やお店の人は嫌がりますね。

「とんかつ三金」高校の頃は成城学園前にあって
外食デーの時には時々行ったよー
今はなくなったみたいだけど。

良いお肉ならそのまま少し食べるけど、臭みがあるとダメだな。
ソースをかけるのではなく、少しずつつけるのが好き。
かけるしかない場合は一切れずつかけるかな。

○×■な場合は、ソースとカラシを使うしかないか(笑)

◆こうめさん
またデリケートな食べ方ですね(笑)ソースは上からどっぷりかけるものではないですよね。

◆ロレンスさん
成城学園前にもあったんですね。四谷はもう50年だそうで、すごい老舗です。芥子とソースはごまかすにはいいですね~^^;

ランチのロースカツ丼もお勧めです!

◆Booさん
ロースカツ丼!いいですね~。家から近いので、また行ってみますね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)