2009年05月12日

みますや 神田司町

みますやは創業明治38年、100年以上の歴史がある居酒屋です。昭和初期の木造建築は、当時の雰囲気そのまま。縄のれんに赤提灯、銅板建築は歴史を感じさせます。古い店には長く続くだけの理由があります。今の時代に合わせて変えていく部分と、残していく部分。昔のみますやらしさは、どの程度残っているのでしょうか。古い居酒屋を変えずに続けていくのは難しい。常連客も入れ替わっていきます。大切なのは今も昔も、今日の1杯です。

09021201.JPG
店内は間口の小ささからは想像できないくらい奥行きがあります。大衆居酒屋なのでかなりの大箱。一人でふらっと入ったのですが、大きなテーブルに相席でした。1人で飲んでる人、2人で飲んでる人、いろんな人がいて、お互い全く干渉しません。この雰囲気はいい感じです。

09021202.JPG
上さしみ

上さしみ(1,000円)は、この値段にしてはまあまあでしょうか。料理は全体的に1,000円以下で安く抑えられているものの、どれも量が少ないので、結局いろいろ注文することになります。みますやは雰囲気がいいので、老舗だとか余計なことは考えずに、みんなでワイワイ飲む店だと思います。

09021203.JPG
牛煮込み

牛煮込(600円)は、肉じゃがのじゃが抜きという感じ。素朴な味がいいですね。

居酒屋関係の本を読むと、「メニューはどれも値段が安く外れがない」とか、「店員はみな学生のアルバイト」とか書かれています。たしかに値段は安いものの、1皿の量が少ないので、たくさん注文すると結局割高になってしまいます。

学生のアルバイトを店員にしているのは、神田という場所柄もあって、美しい話に聞こえます。昔からの常連さんの話では、実際そういうことがあったようです。今は中国系の女性店員が多く、なかなか注文をとりにこなかったり、時々間違えて持ってきたりします。建物もいいし、雰囲気もいい。気を使わなずに飲めるのもいいところです。でももう少し何とかして欲しいという部分もあります。いいところはそのまま変わらず続いて欲しいと思います。


■店名:みますや
■住所:東京都千代田区神田司町2-15
■電話:03-3294-5433
■営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
■定休日:日曜・祝日


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/477

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)