2009年08月24日

銀座 大衆割烹 三州屋 銀座店

高級店ひしめく銀座のど真ん中にも、大衆居酒屋はいくつかあります。その代表格が「三州屋」と酒蔵 秩父錦 銀座ではないでしょうか。「三州屋」は、都内に何店舗もありますが、チェーンではなく暖簾分け。本店は蒲田だそうで、そこから独立した方々がそれぞれ「三州屋」の暖簾を掲げています。銀座並木通りのプランタンの近くに細い路地があって、その奥に三州屋 銀座店があります。近くに、通りに面した三州屋がありますが、今回はそこではありません。僕の中では、三州屋といえばこの「三州屋 銀座店」が一番。銀座の酒場の中でも特にお気に入りの店です。

鳥豆腐
三州屋は、新橋や日本橋にもあって、神田にはなんと3店舗もあります。チェーンではないので、店舗によってメニューは全く違う。それでも共通のメニューもあるにはあります。たぶんほぼ全ての店舗に共通しているのが、鳥豆腐(480円)ではないでしょうか。鶏肉と豆腐と春菊。これだけでなぜこんなにもうまいのか。特に日本酒を飲みながらつまむ鳥豆腐は最高。三州屋で飲む時には必ず注文しています。

刺身

煮物
三州屋といえば、刺身もうまい。店内にズラッっと貼られた短冊の中から、まぐろ刺身(1,300円)を注文します。築地が近いという立地のよさと、良心的な値段設定。この値段でこれほどの刺身はなかなか出会えません。むつあら煮(700円)も一緒に頼みます。注文は一度に済ませておかないと、次いつ、店員さんがつかまるかわかりません。三州屋の名物といえば、おばさま。夜はお店が忙しく、すぐには座れないほどですが、それにしてもぞんざいな接客です。呼んでもなかなか来ないし、迷いながら注文していると途中でいなくなってしまうこともある。でもこの店に通っている人は、おばさまたちの心のこもった接客が分かる人たちなのでしょう。何度も通っていると、そのことがよくわかるようになります。

フライ

刺身
三州屋 銀座店といえば、牡蠣フライが有名。毎年4月の第1週には姿を消すので、もちろん今の時期はありません。他にも揚げ物は美味しいものが多い。帆立フライ(600円)は、帆立の鮮度のよさがフライになってもよくわかる。こういうものは先に頼まないと、酒が進んでからではよく味わえなくなるので、要注意。三州屋では、まず食事。その後、残り物をつまみながら飲みに入るというのが賢いやり方でしょう。


■店名:大衆割烹 三州屋 銀座店
■住所:東京都中央区銀座2-3-4
■電話:03-3564-2758
■営業時間:11:30~21:30
■定休日:日曜日

三州屋銀座店


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/580

コメント

こんばんは。

毎回しつこくコメント失礼します。読んだらコメントせずには居られないもので・・

三州屋、行った事も無いのにファンになりました。^^;色々なブロガー様の記事で登場して、絶賛されているので東京の憧れのお店の一つです。同じお店でもブロガー様によって紹介のされ方がちがうので見ていて飽きないです。

私もこのお店で日本酒を飲みたいなぁ・・

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)