2009年09月14日

九段 斑鳩(いかるが)

九段下の人気ラーメン店「九段 斑鳩」。鰹節、鯖節、利尻昆布などを使用した魚介系スープと、豚骨と鶏がらで取った動物系スープを合わせる、いわゆるダブルスープの店。スープには特にこだわりがあるようで、化学調味料に頼らず、厳選した体にやさしい材料を使用している。東京のラーメン店の中でも、斑鳩ほど食材やに調理にこだわった店は少ないのではないだろうか。

九段 斑鳩
何年か前にはじめて斑鳩に行った時は、「スープがぬるい」と思った。「乳化させたスープに最適な温度で提供している」などと言われると、そうなのかなと思うけれども、やっぱりラーメンのスープはそれなりに温度が高い方がおいしく感じる。昔のラーメン批評では、「食べ初めの温度と食べ終わる頃の温度が云々・・」という薀蓄があった。最近あまりそういうことを言う人はいないようだが、最初の一口の印象が「ぬるい」では、その後食べ進む箸が止まってしまう。そんなことを感じて、その後、あまり店に足が向かなかった。ところが久しぶりに来てみると、今回は違った。スープの温度が以前より明らかに高い。徐々にそうなっていったのか、意識して変えたのか。いずれにせよ前回よりも格段にうまく感じた。

チャーシュー

麺
特製らー麺880円を注文。特製は、チャーシュー、煮玉子、メンマがサービス価格で追加されるお得メニュー。カウンターに座ったので、厨房が丸見えで、細かいところまで観察することができる。斑鳩がすごいと思うのは、店員さんに無駄な動きがないところ。厨房内は清潔で、よく片付けられている。こういう厨房の店で外すことはほとんどない。

チャーシューや煮玉子は、トロトロで絶妙な状態。一つ一つのパーツの完成度はかなり高い。それらが丼の上に集合する。このクオリティの高さはすごい。なにか迫力のようなものを感じてしまう。スープはマイルドで旨味がある。ネギを使わないというこだわりも面白い。ラーメンにネギはつきもの。「風味を大切にするためネギは入れない」というのは、理屈としては頷けるけれども、実践できる店は少ない。ラーメン店での修行経験がない店主ならではの発想だろう。

杏仁プリン
そして最後に食後の定番、杏仁プリン300円。これはラーメン店のデザートとは思えないほどうまい。ラーメンと杏仁でサッパリと食べる。この組み合わせがいい。シメに杏仁プリンを食べることで、返ってラーメンの満足度が増すのもおもしろい。

斑鳩か変わったのか、僕の味覚が変わったのか。年々、好きになる。万人受けする味で、しかもクオリティが高い。店内が清潔なのもいい。斑鳩ほど人に勧めやすいラーメン店も少ないのではないだろうか。


■店名:九段 斑鳩 (いかるが)
■住所:東京都千代田区九段北1-9-12
■電話:03-3239-2622
■営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00/土・祝11:00~16:30、18:00~22:00
■定休日:日曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/595

コメント

杏仁プリンがお勧めとは…
次回トライします!

◆Booさん
杏仁プリンオススメです。ラーメン店はサイドメニューも注目ですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)