2009年10月07日

井のなか 錦糸町 4

都内の居酒屋巡りは面白い。100年以上の歴史があって、いまだにお父さんたちの憩いの場となっている店もあれば、地方の地酒を幅広く取り扱うマニア向けの店もある。特に面白いのは、店主のこだわりを前面に押し出した店。そういう店には、店主に共鳴するこだわりのある客が集まる。錦糸町の「井のなか」はそういう居酒屋の筆頭だ。和風居酒屋は数あれど、井のなかほど酒、料理の両面が充実している居酒屋は少ない。
井のなか 前菜

刺身

井のなかには、いろんな人と行った。この店は特に常連さんと行くと、面白い料理を出してくれる。それを知っている人たちが「常連さんが予約をしてくれたよ」と、誘ってくれる。で、行ってみると、知っている人ばかりが集まっていたりする。他のオフ会などで知り合った人が、井のなかの常連であることを後で知ることも多い。いろんな場面で出会った人たちと、結局井のなかで再会する。不思議な感覚だ。

小皿に少しずつ入った前菜は、和食というよりはイタリアンの面持ち。井のなかの料理は、和食とイタリアンの中間を狙っている。名物の前菜を食べるとそのことがよく分かる。はじめての人は、この前菜でたいてい井のなかのファンになる。そして、これをつまみながら飲む酒のうまいこと。これだけでも最高に幸せな気分になるのだが、井のなかはこの後がすごい。

井のなか 酒

井のなか 酒
井のなかといえば、燗酒。どんな銘柄でも、店主工藤さんのお任せで、絶妙な温度につけてくれる。銘柄のラインナップはその日によって違うが、竹鶴はいつも珍しいものが置いてある。この日は竹鶴の「秘傳」というのがあった。僕が行くときはいつも、料理はおまかせにしてもらっている。お酒も料理と合わせて、適当に出してもらうことが多い。いつも満席で非常に忙しい店だが、お酒のケアはきっちりとやってくれるのが嬉しい。

大好きな雄町の酒もあった。「成政」の山廃、これもお願いした。他にこの日飲んだものといえば、「かるくいっぱい」という面白いにごり酒、陸奥の「八仙」、「鮎川」、「竹泉」など。日本酒好きが集まると、酒の話もはずむ。井のなかのお客さんは、どうしてこうも日本酒に詳しいのだろう。この日のメンバーも日本酒マニアばかりだ。

井のなか オーブン焼き

井のなか パスタ

井のなか オーブン焼き
井のなかは、常連さんが予約すると、いつも大掛かりな料理を最後に用意してくれている。この日のメインは何時間もオーブンに入っていた。前回は「ヤギと羊のオーブン焼き」だった。喜界島のヤギと長野産の羊を6時間かけて焼いたもの。あれは絶品だった。今回は鶏。同じくオーブン焼きだ。周りに配されたパスタと一緒に、肉を崩しながら食べる。鶏を崩すと中から米が出てきた。米とパスタを鶏で食す。不思議な感覚だ。これだから井のなかはやめられない。料理の腕は毎回上がっているように思う。燗はすでに達人の域だ。これから東京を代表する居酒屋になっていく店。いや既にトップを走り続けているのではないか。

【以前の記事】
井のなか 錦糸町 3
井のなか@錦糸町 のむのむ会!
井のなか@錦糸町

■店名:井のなか
■住所:東京都墨田区錦糸2-5-2
■電話:03-3622-1715
■営業時間:17:00~23:30
■定休日:日曜日・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/585

コメント

竹鶴の秘傳は自宅でいつも飲んでる銘柄です。
多分、一番たくさん飲んでいます。

「井のなか」は一度行ってみたいと思いつつ、未訪の店です。
予約を取らなければならない店はハードルが高い。
それでも、是が非でもいってみたくなりました。

◆なべひろさん
さすが、いいものを飲まれてますね~。「井のなか」いいですよ~。ぜひご一緒しましょう!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)