2009年10月20日

ラーメン二郎 三田本店 2

ラーメン二郎はどの支店も行列しているが、行列の長さは支店によってまちまちだ。関内や神保町のようにいつも40人以上並ぶ店もあれば、全く行列がない店もある。神保町にはよく行くが、他の二郎と比べて一見さんが多いようだ。常連が多いと回転が速い。二郎の待ち時間は単純に行列の長さだけで計ることはできない。そういう意味では、三田本店は穴場だった。いつも30人くらいは並ぶけれども、回転は異常に早い。他の店舗と比べて、常連の比率が高いのがその理由だろう。ところが最近、三田本店も回転が悪くなった。しかも行列も少し長くなった気がする。この日の行列は50人を超えていた。いつものように常連さんが多く並んでいるように見受けられる。団体客がいるわけでもない。それなのに回転は遅い。何か他にも要因があるのだろうか。

ラーメン二郎

ラーメン二郎

ぶた入り大ラーメン750円を注文。通称、大豚。ぶた入りラーメン700円との差額はたったの50円。三田二郎は小でもかなりの量がある。小の量が多すぎて、大との差がほとんどなくなっているようだ。これはおやじさんのサービス精神だろう。感謝の気持ちを込めて、僕はいつも大を注文するようにしている。カラメ・ニンニク・アブラ。上から大量の脂を乗せてくれた。野菜はキャベツの分量が多く、2層になっている。野菜の上に豚を乗せてトッピングを聞く。野菜コールはしなかったが、豚の上に少し追加してくれた。野菜少な目の場合はそのまま出せばいい。こうやってトッピングに対応するのが二郎流だ。

しかしこの日は量が多かった。麺の量がハンパじゃない。豚はものすごい塊がゴロゴロしている。麺よりも豚の方がお腹にはくる。おやじさんのトークも冴え渡る。慶應の相撲部らしきお客さんに「慶應義塾の体育会なんていいかげんだもんな~」とからかう。「○○さん知ってるか?アイツが○○をごまかして○○したんだ。いかげんなやつだよなぁ~」。学生さんは「はぁ」としか言えない。すごく近くてすごく偉い人の話だ。店内の客は全員、この話を聞いている。おやじの独壇場。三田本店名物おやじさんのトーク。このトークが聞けるかどうかは、おやじさんのご機嫌による。聞くのがうまい助手がいる時は、乗りに乗って話をしたものだが、最近の助手さんは黙々と仕事をこなすだけで、ちょっと物足りない。このトーク、いつまで聞けるだろうか。おやじさんの顔はテカテカして、まだまだ元気そうだ。おやじさんがいるうちに、なるべく三田に通いたいと改めて思った。

ちなみに僕が聞いたおやじさんのトークで一番面白かったのが、ラウル共和国の話。目の前に外人さんが座ったので、昔の話を思い出したらしい。「前にさあ、ラウル共和国に占拠されたことがあるんだよ~。カウンターにズラ~っと並んでさあ。それで『この店はラウル共和国の消費税免除店に推薦されました』とか言うんだよ。勝手に推薦すんじゃねーっつうんだよな?(なぜかぼくを見る。ウンウンと頷く)丁重にお断りしたけどさあ。ラウル共和国ってのはどこにあるのかねえ?(と外人さんに聞く。外人さん困る)パスポート見せたらニンニクサービスってどうかね。ニンニクはもうサービスしてるか・・。じゃあブタだな!パスポート持って来たらブタサービスにしようか?え?まったくラウル共和国ってのはどこにあるのかねえ??え?どこにあるんだよ~!って感じだよなー」。こんなに乗りに乗っているおやじさんは、はじめて見た。家に帰って調べてみたが、ラウル共和国という国はどうやらなさそうだった。

【以前の記事】
ラーメン二郎 三田本店

ラーメン二郎 訪問記
ラーメン二郎 三田本店


■店名:ラーメン二郎 三田本店
■住所:東京都港区三田2-16-4
■電話:03-3545-5455
■営業時間:10:00~15:30
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/608

コメント

このお店に来たラヲタが激突する最大のカルチャーショックといえば
「これまでラーメンの良し悪しを判断していた “美味しさ” の基準が、
ものの見事に全部ナンセンスに思えてしまう」ってことかなと・・・(笑

朝、早めの時間は二郎フリークのお客さんが多いので回転も速いん
ですけどね~。もうちょっと時間がたつと、いろんなお客さんが並ぶの
かもしれませんね☆

ところで「ラウル共和国」、謎です。もしかして南太平洋にあるという
ナウル共和国!?

◆つきじろうさん
確かに!あの二郎の「美しさ」は、一般的には汚いですからね^^;理解が得られません。。
やはりナウル共和国でしょうかね。Googleにも同じこと言われました(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)