2009年12月08日

げんまん 人形町 2

醤油らーめんを食べ終える頃、齋藤店主が隣の席にやってきた。これからご飯休憩だという。あれこれ喋りながら、ビールを飲んだ。そういえば、ど・みその日・祝限定らーめんだった「濃厚ごまみそ坦々麺」を結局食べてないという話になった。本格的な坦々麺で人気の店、湯島の阿吽。その阿吽の胡麻ダレとラー油、ど・みその味噌ダレを使用したコラボらーめんだ。人形町げんまんでは、濃厚ごまみそ坦々麺がレギュラーメニューになっている。手間隙かけて作られた阿吽の坦々麺は、まさに本格四川料理。限定だけのコラボだと思って諦めていたが、げんまんでいつも食べることができる。これはうれしい。

ごまみそ坦々麺

ごまみそ坦々麺

スープ
胡麻と味噌の風味が合わさった複雑な味わい。10月の限定で、このコラボについて聞いた時、「うまいに決まってる。食べなくても分かる」と言い切った。それほど相性の良さには自信があった。これはその時の想像通り、いやそれ以上のうまさだ。ラー油はたくさん追加してもらった。辛くて食べれないというほどの辛さではない。ラー油の香りと、胡麻と味噌。この組み合わせはたまらない。

ネギ

麺
スープをかき混ぜると、胡麻、味噌、ラー油が渾然となってうまさが増す。麺はドロドロのスープによく絡む。この麺とスープの組み合わせも面白い。ラー油の香りと、胡麻と味噌の風味。この複雑な香りと供に麺をほうばる。うまいなあ。

ネギを胡麻味噌に浸して食べると、格別のうまさ。もっと大量のネギを入れてもらいたいほどだ。ネギ味噌担々麺というメニューもありかもしれない。げんまんでは、白髪ネギがいい役割を果たしている。醤油でも味噌でも、白髪ネギがポイントになっていると思う。

このごまみそ坦々麺だけでも十分人気が出るのではないか。げんまんに来れば、ど・みその味噌、はんつ遠藤さんの醤油、阿吽コラボのごまみそ担々麺と、3つの看板メニューを食べることができる。客としては、何を食べようか迷うのが楽しいほどだが、これだけメニューが多ければお店は大変だろう。味噌はやっぱりど・みそで食べて、人形町には濃厚ごまみそ坦々麺を食べに来ようか。これは、げんまんの看板メニューになりそうだ。

らーめん2杯に、ビールも2杯。3時半という中途半端な時間にたくさん食べてしまった。しかも5時半から忘年会。年末だから仕方ないが、正月までこんな感じになりそうだ。


■店名:げんまん :らーめんダイニングど・みそ×はんつ遠藤プロデュース
■住所:東京都中央区日本橋人形町3-7-11三福ビル1F
■電話:03-6661-9921
■営業時間:11:00~22:30、土曜日11:00~21:00、日・祝12:00~21:00
■定休日:不定休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/628

トラックバック

» 口ど・みそ×はんつ「げんまん」で 特醤油こってり濃厚ごまみそ担々 from 馳走に屋号に意匠あり
新しい店を出すんだ、と「ど・みそ」店主齋藤さんから聞いたのは、たしか盛夏の頃。 ... [Read More]

コメント

こんばんは♪
げんまんさんに行ってきましたよ~
それにしてもとてもメニューが豊富で驚きました。
こちらの坦々麺が頂けるのも凄く嬉しいですし。

ホント!早く行かないとこちらの店も
また長蛇の列になってしまいそうですよね。

◆ikukoさん
げんまん、いいですよね~。そうそう、メニュー超豊富なので、勝手に心配してます。あの場所だからすぐに行列になりますよね。その時、お店が回るようにオペレーションを完璧にしとかないと、大変そうですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)