2009年12月21日

高円寺 らーめん横丁 とりそば 大喜庵

打合せのため、高円寺に向かった。高円寺駅前は飲食店も多く、高架下にまで店が並んでいる。その少し奥、高架下の地下に高円寺らーめん横丁というのができたらしい。この話は出店が決まったときに聞いていたのだが、今まですっかり忘れていた。それが偶然にも、昨日11:00オープン。ものすごいタイミングで高円寺に来てしまった。

醤油とりそば

具材
打合せの後、同席したラーメン店主に連れられて、高円寺らーめん横丁に向かった。高円寺とりそば大喜庵、蒙古タンメン中本、つけめんTETSU、種子島商店 くにがみ屋の4店が出店している。大喜庵は、湯島の人気店、大喜はじめての支店だ。店に入ると、奥に店主武川さんの姿が見えた。一人でひたすら麺を茹でている。ものすごく忙しそうだ。あまりお喋りできそうにもないので、軽く挨拶を交わして席に着いた。

醤油とりそば680円を注文。これは油がうまい。一見透き通ったシンプルなスープだが、よく味わうと奥深く複雑な旨みがある。湯島の大喜よりも油が多いような気がする。湯島のさっぱりとしたバランス重視のスープとは違い、こちらはもう少しパンチのあるスープ。僕はどちらかというと、こちらの方が好み。これはかなり人気が出るのではないだろうか。

麺

高円寺 らーめん横丁 大喜庵
大喜のスープはうまい。ダシをしっかりと採ったスープは、飲みだすと止まらないほどに味わいがある。そのスープが、底の深い器にたっぷりと注がれている。この透き通ったスープがたまらない。これを飲むためだけに、ここに来てもいいというほど、よくできたスープだ。

麺はスープによく合うシンプルな細麺。これも茹で時間によって、かなり味が変わりそうだ。昨日はまさに絶妙な茹で加減。僕は太麺好きだが、この麺であれば話は別。スープとの相性を考えても、これは細麺でなければいけないと思う。

このラーメンが680円で食べれるとは、かなりお得感がある。らーめん横丁は、今日明日テレビ出る可能性があるそうだ。そうすると確実に混み出す。昨日も既に多くの人が訪れていたが、行列はまだ大したことはない。混雑が苦手な人は早めに行った方がいいと思う。

【以前の記事】
らーめん天神下 大喜 湯島


■店名:高円寺 とりそば 大喜庵
■住所:杉並区高円寺南3-70-1 高円寺ストリート 2番街地下1階

杉並区高円寺南3-70-1


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/641

トラックバック

» 高円寺とりそば 大喜庵 from ラーメン一期一会
訪問日:2009年12月24日(木) 12月20日オープンの「高円寺らーめん横丁」! この最新の東京のラーメンフードテーマパークに... [Read More]

» 高円寺グルメ:らーめん横丁初参拝!TETSUだよ~。 from 笑い豚
昨年末、鳴物入りでオープンした高円寺のらーめん横丁。 各店大行列という報道を見て、ほとぼりが冷めるのを待っていました。 そして今日、ようやくチャンスが巡っ... [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)