2010年01月03日

ペルー旅行記 ナスカの地上絵 セビ-チェ ワカチナ湖

2日目の昼は人気のレストランEl Piloto。名物料理セビ-チェ (CEBICHE)を食べに行った。その後、砂漠のオアシス、ワカチナ湖に立ち寄り、ナスカのホテル「HOTEL NAZCA LINES」にて夕食。翌日はこの旅行のメインの一つ、ナスカ地上絵遊覧飛行に向かった。
レストランEl Piloto

セビ-チェ

パエージャ

ビール

ルクマのアイス

コカ茶
El Pilotoは地元の人や観光客で賑わっていた。なかなか雰囲気のいいレストランだ。セビ-チェは、白身魚やタコなどにレモン汁、玉葱、香辛料などを混ぜ合わせて漬け込んだもの。ペル-を代表する料理だ。 レモンソースの魚介のマリネといったところだろうか。付け合せにはジャイアントコーン。もっちりとした食感で、これもなかなかうまい。パエージャは、スペイン料理がそのまま根付いたもの。食後はペルーのデザートでは欠かせない果物、ルクマのアイスクリーム。ペルーではバニラと並んで定番のアイスクリームらしい。食後はコカ茶。コカインの原料となるコカの葉のお茶で、現地の人は日常的に飲んでいる。コカ自体には依存性や精神作用はないらしい。飲んだところ普通のお茶だが、このティーパックは日本に持ち帰ることができない。

砂漠

バギー

ワカチナ湖
砂漠の中にある湖、ワカチナ湖に立ち寄った。まさに砂漠のオアシスのような場所だ。サンドバギーで砂漠を疾走するオプションのあるツアーもあるらしいが、我々は湖の周辺を見学して終了。ホテルに向かった。

ナスカのホテルHOTEL NAZCA LINES

レストラン

プール


クスケーニャ

アスパラのスープ

メイン

デザート

インカコーラ

サボテンとフルーツ
ナスカのホテル「HOTEL NAZCA LINES」は、中庭にプールがあるリゾート気分に浸れるホテル。夕食はアスパラのスープではじまった。これはペルーではよく出てくる。ビールはペルーでは数種類あったが、僕はこのクスケーニャが一番気に入った。最後のデザートは手作りのプリンのようなもの。かなり甘かったがおいしかった。部屋に戻って、ペルーの国民的ジュース「インカコーラ」を飲んでみた。駄菓子屋的な懐かしい味で、コーラというけれど、たぶん何の関係もない。翌朝の朝食は、バイキング形式。手前の黄色いのはサボテン。種ごと食べることができる。ペルーでは完全に果物の扱いになっているようだ。

ミラドール

お土産売り

セスナ
翌日は、世界遺産「ナスカ地上絵」。まずは展望台ミラドールに登って周囲を鑑賞した。このミラドールの下で、ナスカの石に地上絵を彫りこんだキーホルダーを売っている。お土産にいくつか購入してみた。セスナに乗って、ナスカ地上絵遊覧飛行。乗るまでは少し恐かったが、乗ってみると意外と快適。旋回をしながら地上絵をしっかりと見せてくれる。パイロットの方の人柄もよく、楽しい飛行だった。最初の写真はなんと宇宙飛行士。最後の写真にはミラドールが写っている。登って地上絵を見た時は何だか分からなかったが、上から見ると木の絵だということがよく分かる。ただ、地上絵のど真ん中に道路を作ってしまっているのが、なんとも惜しい。ずっと見てみたかったナスカの地上絵。こんな遠くまで来ることはもうないだろう。いい思い出になった。

宇宙飛行士

サル

鳥

サル

ハチドリ

木


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/646

コメント

こんにちは。

ペルー料理って肉肉しくって単純なものを想像してました。全然そんなことないですね!自分が恥ずかしくなりました・・

ナスカの地上絵、素晴しいですね。でもこーんな高くから!足がすくんじゃいそう。

コカ茶、飲んでみたいです。

こんにちは。

地上絵憧れます!
食べ物以外にも写真が楽しめて
ありがたいです (・∀・)!

◆はーるん さん
ペルー料理といえば、セビッチェとかアスパラスープとか魚や野菜もいい感じです。僕も肉だらけを期待していたのですが^^;

◆桜ん坊さん
地上絵、いいですよ。実際は絵よりもセスナの方が楽しいかも知れません。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)