2010年01月08日

ペルー旅行記 ラ・ラヤ峠 チチカカ湖 ウロス島 LIBERTADOR PUNO

ラ・ラヤ峠

お弁当
この旅行での最高地点、標高4,335mのラ・ラヤ峠に到着した。麓でも4,000m越えているのに、目の前の山の標高はどれ程だろう。雪化粧をした巨大な山脈の神々しい姿。ずっとここにいたくなるほど強く惹きつけられた。4,000mを超える場所では、早く動くとすぐに息切れをしてしまう。特に気をつけなければいけないのは、バスの乗り降りだ。バスが停車すると、高地であることを忘れて、階段を駆け下りてしまう。その数段駆け下りただけで、息苦しくなるほどに負担が大きい。高地では、ゆっくりと歩くことをいつも心掛けていた。そうしないと、すぐに気分が悪くなってしまうからだ。ここに来るまでにそのことを学んでいたので、ラ・ラヤ峠でも楽に対処することができた。ペルーのツアーは回る順番がほんとうに大事だ。いきなりここに来ていたら、寝込んでしまったかもしれない。

民家

部屋

料理

コーン

クイの家

クイ
バスでチチカカ湖湖畔の街プーノに移動する。プーノには空港がないので、バスか高原鉄道で移動することになる。途中、民家に立ち寄り中を見せてもらった。伝統料理も作ってもらい、味見させてもらった。Sheraton Lima Hotelのバーで食べたトウモロコシ。ホテルよりもこちらの方がはるかにうまい。食べやすくアレンジされたものよりも、家庭料理の方が迫力がある。作りたての香ばしさも、ホテルにはない味わいを加えていた。

クスコで先に食べてしまったクイが家庭で飼われていた。なんとクイ専用の家まである。カメラを向けるとものすごい勢いで逃げ回る。こんなにかわいい動物とは知らなかった。この後、あの丸焼きが出たら食べられなかっただろう。

プーノ

チチカカ湖

トトラ

ウロス島
プーノに着くとすぐにウロス島に向かう。ウロス島はチチカカ湖に浮かぶ巨大な人工浮島だ。なぜ陸地に住まず、わざわざ湖に浮島を作ったのだろう。浮島の材料となるトトラと呼ばれる葦が、大量に生い茂っている。トトラの間を縫うように船でしばらく進むと、ウロス島が見えてきた。何かの物語に出てきそうな島だ。

島の作り方

子供

民族衣装

物見やぐら

全景

太陽光発電
島の作り方を模型を使って説明してもらった。模型といっても本物のトトラを積み重ねたミニチュア版で、実際に同じ作り方を見せてくれる。村で何かあった時に、島を切り離すこともあるという。葦で作っているとはいえ、こんな巨大なものを切り離すとは、相当な「何か」がないとやらないはずだ。

物見やぐらで島の全景を見ることができる。家の中に入れてもらったり、女性は貸衣装で撮影したり、ツアーのひとたちも楽しんでいたようだ。太陽光発電の家もあった。やはり観光で潤っているのだろう。いろいろ話をしていると、ウロス島出身ではない人がいることも分かった。ウロス島にお嫁に来たのかと思ったら、彼女は独身だと言う。ということは、出稼ぎなのだろう。物々交換の実演とかもしてくれたのだが、これも現実味のないパフォーマンスになってしまう。やはり、この島で生まれてずっと住んでいるということにしておいた方が、観光客は喜ぶのではないだろうか。

船

漕ぐ人

鳥
船に乗って隣の島も見学させてもらった。風が吹き抜けてものすごく寒い。湖畔の気温は大したことなかったのだが、チチカカ湖に出る時は上着を持っていかないとつらい。隣の島は本物っぽい雰囲気があった。食用の鳥をシメていたり、生活の臭いもしていた。生活をしていれば匂いもするものだ。先程の島は清潔で匂いはしなかった。やはり観光用なのだろうか。


朝焼け

LIBERTADOR PUNO

朝食

チチカカ湖を見下ろす位置にある湖畔のホテルLIBERTADOR PUNO。湖が寒かったせいもあって、ホテルに帰ると夫婦共に体調が悪く、この旅行ではじめて夕食を欠席した。チチカカ湖も標高3,810mと高地にある。山の上であれば高山病に気をつけるところだが、湖なので油断してしまった。これまでの疲労もたまっているので、この日の夜は早く休むことにした。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/651

コメント

チチカカ湖!ゴルゴ13にあったね「チチカカ湖はどしゃぶり」
こーゆーところなんだ、へぇ~
ストーリとは関係なかったけどね(笑)

富士山より高いんだ~
それにしてもくにさんが夕食を欠席するとは!

◆ロレンスさん
夕食欠席しちゃいましたよ。寒い舟の上で上着もなくて・・。高地だからか風邪なのか、体調はよくなかったです。しかし、ゴルゴ13にチチカカ湖が出てくるとは!知りませんでした。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)