2010年01月12日

ペルー旅行記 アルマス広場 黄金博物館

噴水

アルマス広場

馬車

大統領官邸
ペルー旅行の最終日は、リマに戻って市内観光をした。まず向かったのは、大統領府のあるアルマス広場。スペイン軍のフランシスコ・ピサロが、このアルマス広場を中心にしてリマの都を築いたという。大統領府では、毎日12時に衛兵の交代式が行われる。広場には交代式を見るために多くの人たちが集まっていた。広場の周りには、大統領府、市役所、カテドラルなどがある。今でも市内の中心的役割を果たしているようだ。

サンフランシスコ教会

教会

廊下

絵画

絵画
サン・フランシスコ教会もアルマス広場の近くにある。16世紀に建てられたリマで最も古い教会だ。地下には墓地があり、大量の人骨が埋葬されている。その人骨の山を覗き込みながら順路を進む。洞窟のような場所なので、息が詰まるような思いがした。

la muralla

チチャモラーダ

魚介のスープ

黄金博物館

ショップ
近くのLa murallaで昼食。チチャモラーダという紫トウモロコシのジュース。かなり甘いジュースだった。ここは魚介のスープがうまい。日の光がよく入ってくる気持ちのいいレストランだった。

同じくリマにある黄金博物館に向かった。ここは残念ながら撮影禁止。1階は武器博物館になっていて、日本の鎧兜まで展示されていた。地下には、プレインカ、インカ時代の装飾品などが展示されている。驚いたのは医療器具の数々。ミイラの頭骸骨には穴のあいたものもあり、この穴は脳外科手術した跡だという。なんと脳外科とは。スペインがインカを滅ぼさなければ、その概要は現代に伝わっていただろうか。

ちなみに、インカは200人にも満たないスペイン軍にあっという間に滅ぼされてしまった。現地のガイドさんの話では、インカは宗教的な理由で夜戦争ができなかったそうだ。それを知ったスペイン軍は夜中に奇襲を仕掛けたが、インカ軍は抵抗せず殺されていったという。当時世界最強のスペイン軍が相手とはいえ、そういう事情がなければ、また違った展開になったかもしれない。

Pardo's Chicken

チキンの炭火焼

ピスコサワー

巨大モニュメント

恋人たちの公園

海

夕日
夕食はPardo's Chicken という鶏肉がおいしいと評判の店。定番のチキンの炭火焼と、この旅行ではお約束になったピスコサワー。

観光で最後に立ち寄ったのは、「恋人達の公園」という海沿いの公園だった。恋人達の巨大モニュメントがど真ん中にある。このモニュメントの存在感はすごい。とても雰囲気のいい公園で、特に海沿いの景色は素晴らしい。ツアーの何人かで写真を撮ったり、それまであまり話さなかった人とも話すことができた。最終日にこの公園の夕焼けを見ると、いよいよ日本に帰るという気分が高まった。

ツアーは9日間で、実動は7日間。新婚旅行でツアーというのも珍しいかもしれない。でもペルーはいろいろと大変なので、やはりツアーにしておいてよかった。参加した人たちとは帰国後仲良くなり、みんなで何度も食事に行っている。いい思い出になる楽しい旅行だった。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/652

コメント

こんばんは。

脳の手術ですかー!やはり麻酔の代わりにはコカの葉が使われたのでしょうね。

とりの炭火焼のつけあわせのポテト、普段みるのより黄色いですね。気のせいかな・・?

旅行記事アップお疲れ様です!ペルーって想像してたより過ごしやすそうな国だなって思いました。何より食事がとっても美味しそう!

◆はーるんさん
お、さすが!確か麻酔の代わりにコカの葉・・だったと思います^^;ポテト黄色かったですよ。何芋でしょうか。向こうはいろんな芋がありますからね。ペルーの食事はよかったですよ!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)