2010年01月27日

バードコート 北千住 3

バードコートには年に何度も行く。顔なじみの店が増えてきたので、一通り訪問するのは大変。そろそろ行かなければと思いつつ、なかなか訪問できないことも多い。そんな中、僕が必ず年に3回以上は行きたいと思うのは、バードコート、焼肉ゆうじ、鮨水谷など。バードコートは、店主の野島さんが仕事に打ち込む姿がいい。焼き場での真剣な表情は、1本の焼き鳥に対する執念にも似たものを感じる。こういう店は必ず旨いものだ。僕自身、バードコートで外したことは一度もない。

ソリ

ペタ

つくね
ツル、ソリ、ペタなどの希少部位はいつも用意してくれている。ソリはももの付け根の肉。僕が大好きな部位だ。ペタはシッポの付け根の肉。脂身と皮目の具合がなんともいい。つくねやレバーパテは、バードコートでに来たら必ず注文する。つくねの卵はパンにつけて食べると旨い。いつもこれを食べながら赤ワインを飲む。至福の時間だ。

ねぎま

手羽先

わさび焼き
ネギマはネギを食べるためにある。僕がこのことに気づいたのは、はじめてバードコートのネギマを食べた時だ。手羽先は皮の焦げ目が香ばしい。恐らく1羽で1本だろうから、もしあれば注文しておきたい。わさび焼きの見た目はササミに似ている。むね肉なのでササミとは味が違う。しっとりとして旨い。

砂肝

なんこつ

軍鶏の親子丼

軍鶏の卵のプリン
砂肝、ナンコツ、レバー、ボンボチなども注文した。ボンボチは尾っぽの先の肉。脂が詰まったワイルドな部位だ。シメの定番、軍鶏の親子丼と軍鶏の卵のプリン。軍鶏の親子丼の旨さはたまらない。東京で有名な親子丼はいくつか食べたが、バードコートの親子丼ほどのものには未だ出会っていない。それほどに圧倒的な存在感がある。完成度の高い親子丼だ。

バードコートは、煮込みで有名な大はしの向かいにある。思えばものすごい場所に出店したものだ。この2店、ハシゴできなくはないだろう。どちらも地域に根ざした名店と言っていいだろう。バードコートはこの内容にしてはリーズナブルな店だと思う。それでも北千住にしてはかなり割高のようだ。逆に言うと、この場所だからこの値段で提供できているということでもある。

野島さんご夫婦には、いつもよくしてもらっている。お店に伺う時は、奥様とのお喋りも楽しみの一つだ。野島さんには、予約の時に「ブロガーのくにです」と言うように言われている。でも電話に奥様が出ると毎回混乱する。本名を告げると「誰だか分かんないじゃん」と言われ、余計混乱する。毎回ややこしいやり取りをするのもなんなので、次回はなんとかしようと思う。

【以前の記事】
バードコート 北千住 2

バードコート 北千住 1


■店名:バードコート
■住所:東京都足立区千住3-68
■電話:03-3881-8818
■営業時間:17:30~23:00
■定休日:月曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/481

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)