2010年01月28日

ラーメン二郎 三田本店 3 初詣

今年も二郎の初詣に行ってきました。二郎好きな人たちは、年初は三田本店に行くのがお約束のようになっています。三田のおやじさんの顔を見て、二郎の食べはじめをするのが正当なジロリアン。そう思っている人も多いのではないでしょうか。これを初詣と呼んでいます。僕は二郎の初詣をするようになって数年。今では毎年の行事のようになっていますが、今年はなんと、渋谷の人気焼肉店「ゆうじ」店主と2人で訪問することになりました。
二郎

スープ

麺

土曜日の午前11時。本店の前に着くと、既に長蛇の列ができていました。坂の途中に突き刺さったように立つ、三田本店のビル。その建物を巻き込むように行列が伸びています。隣の駐車場のあたりで折り返して、手前の道路側まで届きそうな長さ。この時点で40人超。通常よりもやや多い並びとなっています。二郎の待ち時間は、1人当り2分前後で考えれば大体の予想がつきます。回転の早さは店によって違いますが、三田本店の場合は1人約1.5分とかなり早めです。「常連が多い店は回転が早い」というのが常識のようになっていますが、これほど早い店は他にないのではないでしょうか。この日はちょうど計算通り、40人×1.5分=60分。ぴったり1時間で席に着くことができました。

ラーメン二郎 三田本店

焼肉ゆうじ
先日ゆうじさんと電話で話している時、ゆうじさんの家の近くにある二郎系の店の話になりました。ゆうじさんはその店に最近ハマっているそうで、毎日のように食べずにいられない状態だといいます。これは二郎の中毒症状に似ています。でもラーメン二郎にはまだ行ったことがないということなので、「どうせなら本店に行きましょう」と、初詣にお誘いしてみました。

ゆうじさんにとっては、三田本店は強烈なインパクトがあったそうです。味も気に入ってくれたのですが、それよりも印象深かったのは、二郎の存在感。同じ飲食店を営む人として、二郎のインパクトやおやじさんの堂々とした態度を見て、ゆうじさん自身何か吹っ切れるものがあったようです。二郎には、人生の軌道が若干そらすほどの魔力があります。ゆうじさんには、いい意味で転機になってくれるといいとなと思います。二郎には「これでいいんだ」と思わせてくれる不思議な力があります。何故ああいうものが成立するのか?飲食店にとってヒントになる部分もあるのかもしれません。


【以前の記事】
ラーメン二郎 三田本店
ラーメン二郎 三田本店 2


ラーメン二郎 訪問記
ラーメン二郎 三田本店


■店名:ラーメン二郎 三田本店
■住所:東京都港区三田2-16-4
■電話:03-3545-5455
■営業時間:10:00~15:30
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/661

コメント

やはり年末年始、二郎の「食べおさめ」や「初詣」に一番ふさわしい
お店は!?と考えたら、どーしても三田を外すことはできませんね~☆

> 何か吹っ切れるものがあったようです。

飲食店経営のセオリーをひっくり返す最高のモデルケースかと(笑

「ヘルシー志向」とか「素材のこだわり」とか「調理の洗練」とか
「客席回転率の向上」なんて見地からは、とにかくぜんぶ正反対で
熱狂的ファンの支持を集めるお店!という・・・☆

◆つきじろうさん
やはり初詣は本店ですよね。いつもより並んでましたよ。

>飲食店経営のセオリーをひっくり返す最高のモデルケースかと
「これでいいんだ」と思わせるものがありますね。他店ではNGでしょうけど^^;

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)