2010年02月05日

渡なべ 高田馬場

ラーメンプロデューサー渡辺樹庵氏の「渡なべ」。高田馬場駅から早稲田通りを少し歩いた交差点の手前にあります。早稲田通り沿いではなく、細道を入ったところなので注意してないと見過ごしてしまいそう。というか見過ごしてしまいました。前に行ったのは、世間が「魚介魚介」と言っていた頃だと思います。豚骨魚介ブームの先駆けとして注目された「渡なべ」。久々の訪問ですが、味に変化はあるのでしょうか。

10012401
カウンター席のみの小さな店なので、店員との距離が近く、一体感があります。薄暗い照明も、落ち着いた雰囲気を演出するためでしょうか。若いカップルが多いのも頷けます。つけ麺を頼んでいる人が多かったのですが、僕は味玉らーめん900円にしました。スープは濃厚な豚骨に魚介の強いダシ。サバ節、宗太節、かつお節などのダシだそうです。それにしても魚介の風味がものすごく強い。最近のラーメン好きは、強い魚介の風味に慣れてしまっています。そういう人に対して、魚介系で特徴を出そうとすると、より濃く、より強くするしかないのでしょうか。ラーメンは極端な方が旨いとは思います。それにしてもここまで魚介を強く押し出すとは。この路線の次の展開がどのようになるのか、気になるところです。

10012402

10012403
大ぶりのメンマは食べ応えがあります。そのままでは飲み込めないので、噛み切らなければいけません。それも簡単には噛み切れず、食べるのにちょっと苦労しました。メンマは箸休めの役割があるので、僕としては細めの方がありがたい。この分厚さでは箸休めどころか、こちらが主役になってしまいます。味付けはしっかりとしていて旨いので、このメンマが好きな人にはたまらないでしょう。僕としては、この3分の1くらいの細さでも十分満足できそうに思いました。

丼が小さいのは「渡なべ」の上手いところだと思います。これだけ濃い味であれば、量が少なくても十分満足感はあります。この味で普通の大きさの丼であれば、途中で飽きてしまうかもしれません。このくらいが一番おいしく食べれる量なのでしょう。僕はもう少し食べれそうだったので、やや物足りなく感じました。お腹はまだまだ大丈夫。高田馬場といえば、ラーメン激戦区です。折角ここまで来たので、もう1軒寄って帰ることにしました。


■店名:渡なべ
■住所:東京都新宿区高田馬場2-1-4
■電話:03-3209-5615
■営業時間:11:00~20:00
■定休日:無休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/665

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)