2010年03月02日

とぶさかな 下北沢

日ごろ食べ歩く中で、特に印象に残る店というのがあります。どこにも負けない「何か」がある店。下北沢の「とぶさかな」もその一つです。はじめての訪問で焼き魚の旨さに感動しました。その時の店舗は「帰ってきた とぶさかな」になっています。その向かいに新しくできた「とぶさかな本店」。かなり大きな店です。ここ数年忙しくて、お会いしたい方にもなかなか会えずにいました。ももパパさんにお会いするのも数年ぶり。酒飲み同士、再会するにはそれなりの居酒屋がいいということで、この店にしました。

10020501

10020502

10020503
まず予約時に刺盛りを人数分注文します。1人前1,000円。さすがに質が高く、コスパもまずます。生がき(2ケ)580円を注文。これは赤穂産だそうです。焼きそら豆780円もつまむにはちょうどいい。メニューが巻物のように長いのも変わっていません。松葉がに6,980円、のどぐろ焼き3,680円など。この値段ではちょっと手が出ません。こんなに高い店だったかな。と思って、昔のメニューを調べてみると、生がきは(2ケ)400円、のどぐろ焼きは3,580円。前回訪問は2年以上前なので、値段はほぼ変わらずというところでしょうか。

10020504

10020505

10020506
めばる焼き1,380円、さつまいもとほたて貝のコロッケ(2ケ)700円などを注文。バッテラ寿司(4カン)880円は、すぐになくなる人気メニューだそうです。入店時に「今なら人数分ありますよ」と勧められたので、最後に出してもらうことにしました。サバがすごい肉厚で旨い。これはとぶさかなに来たら絶対に食べておくべきです。

酒はもちろん燗酒。王禄(小550円、大1,100円)などを飲みます。小は一合弱、大は小の倍の量。大で注文して、みんなで飲むことにしました。而今(小880円、大1,760円)をぬる燗で頼んだのですが、店員さんが戻ってきて、「お燗にできません」と言います。「何故ですか?」「生酒は燗にできません」。こういうやり取りもちょっと残念でした。詳しくは「くにろぐ」の生酒を燗にするということ。を見てください。以前厳しく鍛えられていたお兄さんは、店を任されるまでになったようです。その代わり本店が大箱になりました。質は高いけれども、値段も高い。僕の中では「特に印象に残る店」ではなくなってしまいました。

※ご一緒したももパパさんのブログはコチラです。

■店名:とぶさかな
■住所:東京都世田谷区北沢2-15-5
■電話:03-3414-6611
■営業時間:17:30~24:00
■定休日:水曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/681

コメント

以前OFF会に出席した森川です。
お久しぶりです。
私も、今年の初めに美味い魚が食べたいと思ってネットで調べてこのお店にたどり着いたのですが・・・。友人との結論は、味はまあまあでも高すぎて落ち着いて飲めないっていう残念な感じになってしまいました。
二度目の訪問があるかって言うと・・・。
って感じですね。
でも写真の料理はどれも美味しそうですね(笑)

先日は楽しい時間をありがとうございました。
おいしいお酒の思い出して、舌なめずりをしています。
一ヶ月の禁酒生活という試練の真っ只中を驀進中です。
晴れて飲めるようになったら、神田で焼き鳥ですかね(笑)

◆森川さん
先日はありがとうございました!また飲みましょう!

ちょっと高すぎですよね。確かに安心して食べて飲んでできる値段ではありません。どういう使い方をする店なのか、難しいところですね。

◆jinnさん
ためになるお話ありがとうございました。楽しかったです。店が大きくなっていて驚きました。僕は小さい店の方が雰囲気が好きだったのですが。

入院大変でしたね。更に一ヶ月の禁酒生活とは!飲めるようになったら焼き鳥行きましょう!楽しみにしています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)