2010年03月16日

活魚と宮崎地鶏 Omori 海 Kai 大森

四川料理や坦坦麺に詳しいOさん。そのOさんの馴染みの店「魚と宮崎地鶏 Omori 海 Kai」 で、食事会をすることになりました。もう一人くらい食に詳しい人を呼べば、Oさんとのコアな会話が聞けるかもしれません。マイミクのMikasaさんは、築地に詳しく、パスタや生ハムのマニア。該当者はMikasaさんしかいないでしょう。3人で大森の海kaiに出掛けました。

09121401

09121402

09121405

09121406
「宮崎地鶏と朝〆魚の店」大森の海kai。Oさんオススメの店なので、間違いはありません。まずは刺身盛り合わせ。大きさに大中小があります。大は5~6人前で6,000円、中は3~4人前で4,000円、小は1~2人前で2,500円、我々は3~4人前の「中」にしました。この日は、チヌ(クロダイ)、マダイ、バチマグロ、ホタテ、タコなど。質はかなりいい。海kaiは普通の居酒屋のような見た目ですが、はじめて立ち寄った人はこの刺身でまず驚くことでしょう。よくある駅前の居酒屋かと思って入ったら、ビックリするような刺身が出てきます。

キンメの煮付けは一人一尾。水飴で煮ているそうです。甘すぎない味付けがいいですね。身がプリプリして旨い。ここは煮魚も相当なもんです。

09121404

09121403

09121407
酒は、山形の「東光の樽酒」(大中小550~1050円)。ご主人に相談するとメニューにない酒も出してくれます。「雄町の酒が飲みたい」とリクエストすると出てきたのは、山形の「辯天」(べんてん) と三重の「田光」(たびか)中取り生。山形の「日本響」もよかった。これは山田錦で東光の蔵元の酒です。

海kaiは鰻も秀逸。実は鰻が一番の店かもしれません。注文した時、いつ頃食べたいか確認されます。その時間に合わせて、鰻を割くところからはじめます。割いて蒸した後、時間をおかずに焼くので、最高の状態で出すことができます。鰻の専門店では、ここまで客ごとの対応はできないでしょう。海kaiの鰻が旨いのは、素材を生かすために個別対応に徹しているからだと思います。

「魚と宮崎地鶏の店」だけあって、鶏も相当なもの。今回はそれほど食べていませんが、鶏の白レバーなども名物の品です。シメはイクラご飯。これも居酒屋とは思えない逸品でした。看板だけ見るとチェーンの居酒屋かと思ってしまう大森の海kai。入ってみると、非常にレベルの高い居酒屋でした。東京にも知られていない名店はまだまだありそうです。


■店名:活魚と宮崎地鶏 Omori 海 Kai
■住所:東京都品川区南大井6-25-12 日建ビル3F・4F
■電話:03-5762-9308
■営業時間:17:30~24:00
■定休日:日・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/632

コメント

このビルの1階と2階の焼き肉やさんは、ちびっこの頃に家族と毎週末行ったお店です♪

上は、バーだと思っていましたが、変わっていたのですね♪
会社から近いので、近日中に伺いたいと思います♪

やー、楽しく呑みましたね。

若い板、鰻を始めたきっかけは鰻さきを買って嬉しくて、、、という、まこと若者らしき動機からとかで(笑)

キンキも釣りもので良かったですね。
今はホウボウがうまいです。
活けアナゴが始まったとかで、また行かなきゃ。。

◆yuricoさん
おお!なんと馴染みのあるビルでしたか。海kaiはわりと最近ここに移ってきたようですよ。なかなか実力派だと思います。オススメですよ。

◆Oさん
ツイッター貼り付けたんですね。じゃあ、「douryoさん」にすればよかった^^;

いやあ、楽しかったですねえ。いい店を教えていただいて、ありがとうございます。なんと活けアナゴ!これもたまりませんね。板さん若いし、kaiには期待してしまいます。また、辛い会(ツライ会)もお願いします!

>くにさん
またこちらにおいでの際など、ぜひご一緒しましょう。
辛い会も、また企画立てますね!

>yuricoさん
ついつい横から、ですが、
山王苑ですね!自分もたまに行ってます。

大森 海kaiは、3年ほど前に今の場所に移ったのですが、その前は東口バスターミナルのすぐそばにあって、さらにチェーンの居酒屋っぽい入り口で、最初入るのに結構勇気が要りました(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)