2010年04月06日

新橋 居酒屋 ヒノマル食堂

新橋駅烏森口からニュー新橋ビルの脇を通って西口商店街へ。商店街のアーチをくぐって更に奥に進みます。目立たないちょっとした店が異常な人だかりを作っています。ベテランサラリーマンの嗅覚は意外と鋭い。アーチから3ブロックほど進むと、右手に最近話題の居酒屋「ヒノマル食堂」が見えてきました。今回はサントリーの「もっとおいしい!角ハイボールキャンペーン」の取材で訪問しました。渋谷、新宿、新橋と3つのエリアがあり、沿線別に担当のブロガーがいます。僕の担当は「新橋居酒屋特集」。対象店の中から、角ハイボールが似合う店「ヒノマル食堂」を選んでみました。新橋の角ハイボールの旨い居酒屋。まずはここから始まります。

がんこ鶏の刺し身盛り合わせ

博多明太玉子焼き

角ハイボール
カウンターのみの小さな店ですが、店内は活気があります。若いお客さんが多く、店員さんもフレンドリーで元気がいい。隣の若いカップルは角ハイボールを飲みながら、店員さんと遊んでいます。新橋の居酒屋の中でも、ヒノマル食堂ほど若い人が気楽に入れる店も少ないのではないか。食材にこだわり、野菜は契約農家の減農薬・有機栽培などを使用。そしてどのメニューもリーズナブルな価格。ドリンクも角ハイボールなどを中心に低価格に設定されています。

焼き鳥、焼きトン、和牛、ホルモン、魚、野菜など、扱う食材は多彩。その中で真っ先に目に入ったが、がんこ鶏の刺し身盛り合わせでした。単品では食べれない部位もあるといいます。この日は、ずり、もも、ささみの盛り合わせ。博多明太玉子焼きは、中に明太子が入った玉子焼き。明太子は熱を加えると硬くなりますが、これは中身がぷりぷりのまま。絶妙な火加減です。そして、ここでの1杯目は、もちろん角ハイボールにしました。

ホルモンホイル

太良名水豚ハラミの壷漬けカルビ1

太良名水豚ハラミの壷漬けカルビ2

黒毛和牛ホルモン石焼き
ホルモンホイルは、甘辛い味付け。脂身が厚くプリプリとしています。これはハイボールが進みます。更に太良名水豚ハラミの壷漬けカルビを注文。佐賀県の太良町には、「全国水源の森百選」に選ばれた水源林があり、その柔らかな天然水で飼育された豚が太良名水豚です。きめ細やかな肉質が特徴とのこと。コンロが運ばれてきて、石鍋が火に掛けられます。石が温まったらハラミを全て投入。ぐつぐつと煮立ったところで、肉厚の太良名水豚ハラミをいただきます。そしてこの辺で2杯目の角ハイボール。甘辛のホルモンやハラミは、ハイボールが進む進む。更に、黒毛和牛ホルモン石焼き。この石焼きがすごい。巨大な脂身がとろとろと甘い。これほど嫌味のない脂身も珍しいものです。新橋の居酒屋は奥が深い。角ハイボールのおいしい「ヒノマル食堂」。今後も気軽に使えそうな店です。

炭火

ヒノマル食堂

新橋だけでなく、新宿、渋谷と人気の居酒屋が登場する企画「もっとおいしい!角ハイボールキャンペーン」。特に角ハイボールが旨い店を選んでいるので、安くて明るい今一番元気のある店ばかりが登場します。僕意外にも4人のグルメブロガーさんが訪問記を書いています。みなさんの記事は下のリンクからご覧ください。角ハイボールキャンペーンに参加しているお店の、角ハイボールに関するアンケートに答えると、抽選でプレゼントがもらえるそうです。これも詳細は下のリンクのページにあります。





■店名:新橋 みんなの居酒屋 ヒノマル食堂 本店
■住所:東京都港区新橋4丁目18-4
■電話:03-6379-4117
新橋 居酒屋 特集


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/695

コメント

くにさま!

さっそくのリンク、びっくりいたしました☆ありがとうございます〜。
さっそく手前のみそでもリンクさせていただきました。

この入り口の風景は、入るという選択しか許されませんね。。
たまごやきから箸の圧力ではみ出しているぷるぷるの博多明太子、つぼから登場のお肉。。。
クラクラです〜〜@。@

◆laraさん
勝手にリンクしちゃいました!明太子も壷漬けカルビも食欲をそそります。こういうのが一番角ハイボールに合うんですよね。1軒目から成功だったと思います。新橋は奥が深いですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)