2010年04月13日

新橋 名古屋名物居酒屋 伍味酉 新橋店

「伍味酉」は名古屋市内に6店舗展開する、創業54年の名古屋の老舗居酒屋。その「伍味酉」が東京にはじめて出展したのが「伍味酉 新橋店」です。本場の名古屋料理が東京でどのように受け入れられるのか、興味深いところです。名古屋料理を出す居酒屋は東京にもありますが、名古屋の居酒屋が東京に出展することはあまりないと思います。今回もサントリーの「もっとおいしい!角ハイボールキャンペーン」の取材で訪問しました。名古屋の甘辛い料理に、角ハイボールはよく合いそうです。

どて味噌串かつ

手羽先の唐揚げ

どて味噌煮込み

角ハイボール
烏森口から出て、ニュー新橋ビルを通り過ぎた次の信号のあたり。歩いて3~4分でしょうか。ほとんど駅前と言っていいくらいの場所にあります。1階はカウンターとテーブル席でどちらかというと、少人数に使い勝手がいい。2階はゆったりとしたテーブル席。3階は40人まで宴会ができる掘りごたつ席と、シチュエーションによって使い分けできるようになっています。我々は2人で訪問したので、迷わず1階のテーブル席。隣は既に結構飲んでいる若いカップル。変わった色の角ハイボールがいくつか運ばれてきたところでした。

まずはオススメの2品。どて味噌串かつと手羽先の唐揚げを注文します。それから、どて味噌煮込み。名古屋料理ということで、まずはこれでしょう。バタバタと新橋に来て、そのまま入店したので、喉が乾いていました。料理が来る前に角ハイボールを1杯飲んで、すぐにもう1杯追加します。味噌串かつとどて味噌煮込みは、甘めの八丁味噌の味。八丁味噌は、宮内庁御用達の「カクキュー八丁味噌」。手羽先の唐揚げは、名古屋コーチンを使用。甘辛いタレと角ハイボールがよく合います。

有機野菜のせいろ蒸し1

有機野菜のせいろ蒸し2

つくねの竹筒焼き

伍味酉ハイボール
有機野菜のせいろ蒸しは、その場で火に掛けて約20分待ちます。これは最初に注文しておかないといけません。ニンジンがなかなか旨い。それから何芋でしょうか、シャリシャリと食感がいい芋が気に入りました。つくねの竹筒焼きも追加注文。それ以上に角ハイボールを追加注文しています。正直、ここまで名古屋料理と角ハイボールが合うとは思っていませんでした。「伍味酉」には、いろいろな角ハイボールがあります。クエン酸の入った「おつかれ酸ハイボール」、柚子風味の「伍味酉ハイボール」、お肌がピチピチになる?「コラーゲンハイボール」などなど全部で6種類。最後は「伍味酉ハイボール」にしました。これは柚子風味に蜂蜜も入っていて、バランスがいい。メニューを見ると、他にも名古屋コーチンを使った料理が多くありました。名古屋コーチンのひつまぶし、お造り盛り合わせ、水炊きなどなど。新橋駅近で、本場の名古屋料理が楽しめる居酒屋「伍味酉」。角ハイボールによく合う料理の数々を堪能できます。

「角ハイボールキャンペーン」では、僕意外にも4人のグルメブロガーさんが訪問記を書いています。みなさんの記事は下のリンクからご覧ください。角ハイボールキャンペーンに参加しているお店の、角ハイボールに関するアンケートに答えると、抽選でプレゼントがもらえるそうです。これも詳細は下のリンクのページにあります。






■店名:伍味酉 新橋店
■住所:東京都港区新橋3-6-1
■電話:03-5510-7872
新橋 居酒屋 特集


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/698

コメント

おおっ、新橋の伍味酉さんですねー。
ここの名古屋めし、意外とハイボールとの相性がいいんですよねー。
せいろ蒸しもうまそうです。

また行きたくなっちゃいました。
両国のちゃんこも気になりますが。。。

◆M(エム)さん
ここの料理はハイボールと相性いいですね!名古屋って甘辛い濃い料理が多いですから。両国のちゃんこ・・ここは面白いですよ。例の3人で行かねばなりません(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)