2010年06月16日

佐とう 本郷

本郷通りは東京大学の目の前ということもあって、ちょっとしたグルメスポットになっています。古くからある喫茶店や、そこで供される名物のカレーライスなど、本郷三丁目駅から言問い通りまでの間に、個性豊かな店が軒を連ねています。本郷通りには、有名な居酒屋もいくつかあります。僕の大好きな居酒屋呑喜と同様、東大の先生方から絶大な人気を博しているのが、魚のおいしい店「佐とう」です。魚の質とボリューム、そしてなによりも、この場所にあるべき居酒屋としての存在感が際立っています。本郷通りの居酒屋に何が求められているか、佐とうに行けば感じるとことができるほどです。

10051301

10051302

10051303
お通しは甘露煮。まずは生ビール540円を注文します。酒は酒類がいろいろとありますが、それほど高価なものや珍しいものがあるわけではありません。一通りの好みに対応できるくらいでしょうか。焼酎は1杯380円。学生はこのあたりを中心に飲むのでしょう。20:30という遅い時間の訪問でした。この時間には、揚げ物は既に終了しています。営業時間は22:00までですが、ラストオーダーは21:00頃。こんなゆるい感じで日々営業しています。ランチもやっていて、お昼時にはものすごく混む店ですが、夜の力の抜けた感じもなかなかいいです。

名物の刺身盛り合わせは、沖盛り(2~3人)3,650円、黒潮盛り(4~5人)5,250円、大漁盛り(5~6人)7,350円があります。2人で訪問したので、女将さんが「2人だと多いから、2人前にしようか?」と言ってくれました。佐とうに来たら、刺身をたらふく食べないともったいないので、沖盛り(2~3人)にしました。ブリ、鯛、イクラ、アジなどこの値段にしては質も量も申し分ない。なかなかのコスパの高さです。やや厚切りなのもいい感じです。自家製つくね串焼き(2本)410円もオススメ。これも必ず注文しておくべき品です。

10051304

10051305

10051306
炊きあわせ(野菜煮物)580円を注文すると、「がんもと厚揚げの煮物でいい?」というので、それをお願いします。遅めの時間に行くと、既に品切れになっているものが多い。それでも、替わりの品を提案してくれるので助かります。そして替わりに出てきた料理も期待以上においしい。ほとんどお店任せにして、今あるものを食べるだけでも十分に満足ができます。

シメはお茶づけ480円と、おにぎり350円。どちらも梅、鮭、のり、たらこ、明太子などがあります。ランチは営業時間が短かく、並ぶこともあるそうです。夜は早めの時間だと、いろんな料理があります。でも僕は遅い時間もいいなと思いました。家の近くの居酒屋では、いろいろと考えず気楽に飲めるのがいい。自分が食べたいものをあれこれ探すよりも、「何でもいいから、今あるオススメをください」と言える、佐とうの雰囲気が好きです。何を食べても外すことがないし、どうせ高くもないだろう。そういう安心感が、佐とうの一番の魅力だと思います。

■店名:佐とう(さとう)
■住所:東京都文京区本郷5-23-12 鳩山ビル B1F
■電話:03-3816-3224
■営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/721

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)