2010年06月18日

日本橋橘町 都寿司

珍しく雑誌を買ってきて家で見ていると、日本橋橘町 都寿司 (みやこずし)が特集されていました。ご主人はまだ若い職人さんですが、食通の方々から絶大な支持を得ています。その雑誌をめくりつつ、お気に入りのブログをチェックしていると、ちょうどコチラに都寿司の記事が出ていました。そういえば僕がこの店に行きたいと思うようになったのは、このブログを見てからです。こういう偶然があると、どうしても食べに行きたくなります。「今年は毎月、都寿司に行く!」と豪語されているようなので、僕も連れて行ってもらうことにしました。

10050801

10050802

10050803

10050804
日本橋橘町 都寿司は、明治20年創業の老舗、日本橋蛎殼町の「都寿司 」で修行されたご主人が開いた店です。ご主人はまだ若く、お店もできたばかりですが、既に非常に高い評判を得ています。おすすめ握り8,000円、おまかせコース11,000円。値段はこの内容にしてはかなり安い。この日は常連のロレンスさん任せです。おまかせコースで、刺身からお願いしました。はじめてなので「普通で」お願いしてくれました。常連になると、いろいろと面白い店のようです。

まずはマコガレイの刺身。やはり食べ始めでないと、この淡い味は難しい。次に出てきた、蒸しアワビとタコは塩でいただきます。それから京都舞鶴のトリ貝。カウンターの雰囲気もいいし、刺身の出てくるテンポもいい。この出だしの3品くらい食べたところで、想像以上にいい店だなと思いました。刺身の段階でこの期待感。寿司が待ち遠しくなります。アンキモと、エボダイの白焼き。アンキモは甘辛くて旨い。味付けも焼き方も、魚の味を邪魔しない控えめな調理です。

10050805

10050806

10050807
こはだは強めにシメているようです。うーん、これは唸るほどに旨い。やはりこはだには寿司屋の個性がよく出ます。続いて、鯛、春子(カスゴ)の昆布シメ.。カスゴは1年目の鯛の子供のこと。酢橘でさっぱりといただきます。

10050808

10050809
そろそろ中盤に差し掛かってきました。中トロとアジ。アジは細かく庖丁が入れられています。脂っぽいものが登場して、これから後半にかけて一気に加速します。その様子は次回。

都寿司は2回に分けて書くことにしました。久々の寿司の記事ですが、実はブログに書いてないだけで、結構いろんな寿司屋に行ってます。やはり寿司屋で写真を撮るのには抵抗があるし、写真を撮るよりも寿司自体を味わいたいという欲求に負けて(?)しまいます。やはり寿司はテンポよく食べないといけません。

そんな理由で、ブログにはあまり寿司屋は載せないのですが、この店は別。この1~2年で一番気に入った店の一つなので、今回はしっかり写真もUPしておこうと思います。


■店名:日本橋橘町 都寿司 (みやこずし)
■住所:東京都中央区東日本橋3-1-3
■電話:03-3669-3855
■営業時間:17:30~22:00(L.O)、日曜日12:00~14:00、17:00~21:00(L.O)
■定休日:月曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/722

コメント

くにろくさま。

ロレンス邸でいつもため息をついていた都寿司、ここにも美しい写真たちが!>。<

切れ目が入ったアジがすごく綺麗!おいしそうですね〜。

気に入ったようでヨカッタヨカッタ~
昨年は少しごぶさたしちゃったけど、今月も訪問済み。
でも、銀座にも毎月行く店があるので大変。
季節ごとには訪問したいですね。
テンポよく撮って食べるにはコンデジ!笑

◆laraさん
うまいっすよ!今度の帰国オフはぜひココで!

◆ロレンスさん
毎月行くというのは大変ですね。でもそれだけの価値がある店です。ロレンスさんのように、一連の動作の中で撮影できるほどの達人にならなければ^^;

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)