2010年07月02日

豚組 しゃぶ庵

飲食業界でも、ツイッターで成功する店がいくつか出てきました。面白いのは、今までの飲食店の流行り方と根本的に違うところです。やたらとツイッターで目にする店があります。豚組 しゃぶ庵もその一つ。何故これほど話題になっているのでしょうか。ずっと気になっていたので、「豚組行きたい!」とツブやいてみたら、和田さんがオフ会に誘ってくれました。ちなみに和田さんは、「牛の着ぐるみで豚を食う」という独自のテーマでの参加だったようです(1枚目の写真)。


10050701

10050702

10050703

10050704
和田さんのお友達ということで、参加者はITに強い方ばかり。Google Phoneや、発売前のiPadなど、みなさん持ってるものが違います。豚組のオーナーさんも、たぶん似たような雰囲気の方なのでしょう。電器メーカーや広告代理店の出身で、積極的にツイッターを利用して成功を収めている方だそうです。ツイッターでは、@hitoshiさんといいます。有名なツイッターや有名ブロガーのオフ会が、やたら豚組で行われていることからも、それ系の人脈の広さが伺えます。

10050705

10050706

10050707

10050708
豚組 しゃぶ庵は「究極」の豚しゃぶを目指しているそうです。豚肉は、生産者からの直接仕入れ。肉は通常よりもやや厚切り。切り置きはせず、注文を受けてから切り出すという徹底ぶりです。つけダレにもこだわっていて、ごまダレや塩ダレ、フルーツぽん酢、そばつゆなどいろいろなタレが用意されています。食べ放題・飲み放題のコースでも、ブランド豚が数種類出てきます。このへんの感覚も、飲食業界の人ではない独特の感性があるのかなと思います。

最後はトンコツしゃぶ麺。これはかなりオススメです。豚肉は何度もおかわりして、結構な量食べましたが、不思議といくらでも食べることができます。「もういいだろう」というところまで食べたところで、最後にラーメンが出てきます。これも意外と食べれるから不思議。「もう食べれない」と言ってた人も、奪い合うように食べてました。これはなかなかよくできたコースだと思います。銘柄豚の店ですが、気軽に利用できるのもいいところ。10人前後で飲み食いするには、とても便利な店だと思います。

で、どうしてツイッターでこれほど話題になっているのか。いまだによく分かりません。ただ、ツイッターというツール云々ではなく、結局は中身ではないかと思います。豚組 しゃぶ庵のコンセプトや徹底したこだわりを見ていると、広告媒体だけの問題ではないように感じました。

■店名:豚組 しゃぶ庵
■住所:港区六本木7-5-11 2F
■電話:03-5770-4821
■営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)、ディナー 18:00~24:00(L.O.23:00)、日祝17:00~23:00(L.O.22:00)
■定休日:無休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/727

コメント

私も「なぜやたらめったら豚組?」と、ちょっと斜に構えてみてた感じなのですが、実際いってみると、また少人数での食事イベントがあったら使ってみようかなと思うようになりました。
それにしてもそそる写真~!

◆わださん
僕も斜に構えた感じで見てました。ネットで取り上げられる特徴があるわけではなく、純粋に使いたくなる店という感じです。僕もまた、小宴会やりたいかなと思います。お誘いありがとうございました!また、ビアガーデンでも!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)