2010年08月26日

らーめん 大喜 湯島 3

家の新築のため、文京区から多摩市に引越しました。家ができるまでの半年間は多摩ですが、その後はまた文京区に戻ってきます。家の近くのお店には、しばらく行きづらくなりそうです。「引渡しそばは大喜だよね?」大喜常連のどるふぃんさんにそう言われ、いつ食べに行こうかタイミングをはかっていました。文京区最後の日、今まで住んでいたマンションの引渡しを終え、その足で大喜へ。夜はしばらく行けなくなりそうです。ビールと餃子でしばしの別れを惜しむことにしました。

10082101

10082102

10082103
最近のお気に入り、特製醤油らーめん950円と、冷やしとりそば900円を注文。冷やしとりそばは、赤坂サカスではじめて食べて、あまりの旨さに驚きました。湯島の大喜でも夏期限定メニューとして、昼夜各15食だけ販売されています。しっかりと効いた出汁と、キノコ類の相性がいい。スープは食べ終わりまで冷えたまま。これは何か工夫がありそうです。

手揉みした中太ピロピロ麺に、夏野菜。コラーゲンたっぷりの鶏スープにもよく合います。麺、具、スープ、器に至るまでよく考えられています。「さすが大喜」と思わずつぶやいてしまうほど、クオリティが高い。店主武川さんは、思いつきで作ったようなメニューを出すことはありません。どのらーめんも隅々までよく考えられていて、料理として完成されています。特にこの冷やしとりそばを食べると、武川さんのすごさが実感できます。このメニューも赤坂サカスのイベントの時とは、少し変えているようでした。この微妙な調整が、らーめんの完成度を高め、凄みさえ感じさせる仕上がりになっていました。

10082104

10082105
大喜といえば、焼餃子400円も外せません。ほんのり香るのは、海老でしょうか。生ビール500円と餃子を食べながら、らーめんを頼むタイミングを見計らいます。といっても、この日はお昼なので、餃子を食べたら早めにらーめんにしました。しばらく夜の大喜にも行けないかと思うと、寂しくなります。と思って今調べてみたら、終電は23:45頃。十分飲めるじゃないですか。というわけで、今後も夜の大喜に出没することにします。常連さん、また誘ってください。

【以前の記事】
らーめん 大喜 湯島 2
高円寺 らーめん横丁 とりそば 大喜庵
らーめん天神下 大喜 湯島

■店名:らーめん天神下 大喜
■住所:東京都文京区湯島3-47-2白木ビル1F
■電話:03-3834-0348
■営業時間:11:30~15:00 17:30~22:00(月~金、土曜日は21:00まで、祝日は昼間のみ営業)
■定休日:日曜


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/745

コメント

初めてコメントします。
大喜は一番好きなラーメン店です。すっきり塩味好きの私にはここの鶏そばは外せません。
いつもなら細めんがすきなんですがこの写真を見て「冷やし鶏そば」が無性に食べたくなってきました。いつも行列なのでウチの若いもんに並ばせてから行こうかしら(笑

いいなあ、なべとかと飲むんですよね。仕事帰りにたまたま、っていうのがねえ。
そうそう、交差点斜め向かいの”すし初”は、親父に連れられて二代にわたって食べに行くお店です。機会がありましたら覗いてみてください。派手でも奇を衒ったところもありません。昔からのお寿司屋さんです。

◆マリスさん
ここのとりそばは鉄板ですね。冷やしとりそばもぜひ。おいしいですよ。

◆380Fさん
すし初ですか、気づきませんでした。奇をてらわない寿司屋がいいですよね。一度行ってみたいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)