2010年09月06日

新宿 からあげバル ハイカラ

サントリーのトリスハイボール企画で訪問した、新宿 からあげバル ハイカラ。 「からあげバル」とは何でしょうか。メニューがからあげばかりなのでは?と、ちょっと心配しましたが、そういうわけではありません。この日は居酒屋をハシゴしていました。その2軒目でからあげは、ちょっと重いかもしれません。トリスハイボールと一緒だと、油ものが食べやすくなります。ここは相性のよさに期待することにしましょう。

100829b01

100829b02

100829b03

100829b04
新宿駅西口から思いで横丁を横目に、小滝橋通りへと進みます。この通りの裏側には個性的な居酒屋がいくつもあります。からあげバル ハイカラもその一つ。小滝橋通りから見える位置にあるので、すぐに見つけることができました。

とりあえず、トリスハイボールを注文。名物の博多一番鶏の半羽揚げをお願いします。豪快に鶏半羽を揚げるからあげは、新潟名物なんだそうです。新潟の居酒屋さんでは、カレー味の半羽からあげがよくあります。そんなご当地グルメに博多一番どりを使用した、九州名物と新潟名物をいいとこどりしたオリジナルメニュー。博多一番どりとは、八女茶で育てられた銘柄鶏。健康的でヘルシーなのが特徴です。

トリスハイボールは揚げ物にもよく合います。連食の2軒目で、このからあげを完食できたのは、博多一番どりのさっぱりとした肉質と、トリスハイボールが油のしつこさを消してくれたおかげでしょう。はさみを使いながら鶏を解体しつつ、食べ進めます。お通しの、朝採りキャベツ山盛りはすごいボリューム。鶏の半羽揚げと一緒に食べると、口がさっぱりとしてちょうどいい。これは嬉しいお通しです。

1軒目でお腹がふくれていましたが、これならなんとか食べることができそうです。名物のハイカラ揚げも注文しました。ハイカラ揚げは、鶏のいろんな部位をかき揚げ状にしたもの。これは面白い。めんたいチーズポテトは、アイデアの勝利。明太子とチーズとポテトの相性は抜群です。

100829b05

100829b06

100829b07
ここはサラダもなかなかいいですね。お通しの朝採りキャベツもおいしかった。からあげの店なので、野菜がうまいのは必須なのかもしれません。

メニューの「みんなの!!トリハイ」というコーナーには、様々なトリハイが用意されていました。新宿トリティーは、トリハイを紅茶で割ったハイボール。トリスはくせがないウイスキーなので、紅茶の香りがストレートに感じ取れます。これはトリスの大きな特徴の一つ。トリハイラムネでも、ラムネのおいしさが生きています。チュウハイだったら焼酎の味になるし、ハイボールならウイスキーの味になる。でもとリスなら、紅茶もラムネも元の味が生きたハイボールになります。

100829b09

100829b08

100829b10
トリハイクラシックはちょっと濃い目のハイボール。カウンターでから揚げを食べながら一杯やるには、トリハイクラシックがちょうどいいですね。きゅうりの一本漬けをかじりながら、ちびちびと飲みます。からあげバル というだけあって、カウンターの雰囲気はいいですね。

名物ハイカラ丼も魅力的で迷いましたが、シメは、鶏だしめんたい茶漬けにしました。ダシがしっかりとして、うまい。鶏料理屋のようです。新宿 からあげバル ハイカラ。 からあげだけじゃなく、野菜もスープもおいしい。何より気軽に立ち寄れる雰囲気がいいです。トリスハイボールを軽く飲んで帰るもよし、カウンターでトリハイを飲みながら時間をつぶすもよし。豪快な料理が多いので、4~5人の仲間と飲みに来るのもいいかもしれません。

新宿 居酒屋 ハイカラ
東京都新宿区西新宿7-10-14 1F
03-6279-3254


新宿 居酒屋特集



大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/749

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)