2010年10月14日

四谷荒木町 穴子料理 ます味

東京唯一の穴子料理の専門店、四谷荒木町の穴子料理 ます味。昨年、穴子好き3人で訪問する計画を企てたことがあります。その時は、僕が予約をミスってしまい、急遽、笹吟に行くことになりました。ます味はとにかく予約が大変。昼夜共に要予約の店です。穴子は1年中出回っていますが、一番おいしいのは、なんといっても梅雨時。今年は間違いがないようにしっかりと予約して望みました。岡部さん、Mさんと、飲みっぷりがいいと評判のChieさんの4人で訪問しました。

10072601

10072602

10072603
ます味には、様々なコース料理があります。ふぐのコース、穴子づくし、穴子と季節の料理コースなどなど。今回は定番の「穴子のコース」8,500円にしました。肝煮などの前菜、薄造りが運ばれてきます。その日入荷される活の穴子を使った薄造りは、フグを凌ぐと言われるほど。食感が素晴らしい。

岡部さん、Mさんとの会では、ゆったりとスタートすることが多いのですが、穴子料理なので最初から日本酒。Chieさんがクイクイと気持ちよく冷酒を飲むので、余計おいしそうに見えます。ます味でしか味わうことのできない穴子料理の数々は、まさに珍味。のっけから異常なスピードで冷酒が消費されていきます。

10072604

10072605

10072606

10072607
小鍋が運ばれてきました。穴子の中骨を一日かけて煮込んだ出汁。なんと30人前作るのに、180匹穴子を使用するとのこと。それを一日かけて煮込むから、こんな出汁が取れるんですね。これだけ上質なスープは、鍋だけだともったいない。当然、使い倒します。小鍋を傾けて雑炊。この時、スープを少し残しておくようにご主人に言われます。そして、穴子白焼の登場。ふっくらとした穴子、これめちゃくちゃ旨い。松島産の3年物の穴子の白焼は、口の中でとろけるような食感です。

その間、小鍋では出汁を煮詰めていきます。そして、ちょうどいい頃合いになったところで、白焼を出汁につけて食べる。なんとも美味!「白焼は残しておけ」「まだまだ、煮詰めて」「もういい、煮詰め過ぎ!」などと、ご主人がうるさく言う意味がようやく分かりました。こんな旨いもの、失敗してはもったいない。非常に微妙な、絶妙なタイミングでないといけません。気付いたら、ご主人が付きっ切りで鍋番をしてくれています。鍋をおいしくするのも、ダメにするのも、客次第です。「心配でしょうがない」という様子のご主人を見ていると、この料理にかける意気込みが伝わってきます。

10072609

10072610

10072608

10072611
その後、揚物、穴子ご飯、デザートと続きます。あまりにも冷酒が進むので、途中からは1人1本ずつ頼んで、手酌。このメンバーだからなのか、穴子料理がそうさせるのか、とにかくよく飲みました。また来年の梅雨も、荒木町のます味に穴子料理を食べに行きたいと思います。




■店名:穴子料理 ます味
■住所:東京都新宿区荒木町11-2 北斗四谷ビルB1
■営業時間:17:00~22:30(L.O.21:00)(要予約)、火〜土のみ12:00~13:30(L.O.13:00)(要予約)
■定休日:日曜・祝日、※前日までの予約のみ祝日営業


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/766

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)