2010年10月18日

ちかっぱ 六本木 はかた炊き餃子

先日、ブロガー企画を開催した、ちかっぱ 六本木。前回は、一番奥の4人用の個室2つを使用して、8人で食事会をしました。この個室も隠れ家的でなかなかいいのですが、10人弱でまとまった食事会をしたいということで、入口付近の半個室スペースで2回目の試食会を開催することにしました。

10100402

10100403

10100404

10100405
ちかっぱ六本木のウリはなんといっても、はかた炊き餃子。数十回の試作試食を繰り返してようやく完成した逸品です。鶏ガラを丸1日コトコトと煮込んで、地鶏の旨みを最大限に引き出し、豚骨スープを加えて仕上げています。

今回は2回目ということで、早めに、はかた炊き餃子が登場します。ちょうど2杯目の生ビールが手元に届いたタイミングでした。まずはビールを飲んで、炊き餃子をひとくち。濃厚な口当たりに反して、後味はさっぱりとしています。ビールによく合いますね。これはたまりません。豚骨スープが濃すぎないのが、酒に合う秘訣でしょうか。既に日本酒に移行していたikukoさんから、一杯もらって、もう一つ。日本酒にもよく合います。はかた炊き餃子の専門店を出して欲しい・・というほど、酒によく合います。ほんと、これだけで飲めてしまいます。

10100406

10100407

10100408
はかた炊き餃子の旨さの秘密は、もちろんスープだけではありません。もちもちの皮は、タピオカ粉を使用。炊き込んでも崩れないように丈夫に仕上げています。中身は、はかた地鶏のもも肉。荒挽きにすることで、地鶏の食感がストレートに楽しめます。これらを全て当日にお店で包んでいるので、工場で加工されてくる餃子とは、おいしさが全く違います。家庭で手作り餃子をする人にはよく分かると思いますが、包んですぐは旨いですよね。ちかっぱ六本木も、もちろん手作りのよさを大切にしています。

名わき役「絹ちゃんの柚子胡椒」も忘れてはいけません。ちかっぱで一躍有名になった柚子胡椒です。今回は「赤」柚子胡椒を使用しています。柚子胡椒には、いろろなタイプがあります。塩味と柚子と辛味のバランスで、様々な柚子胡椒が出来上がる。地元九州では、作る人・各家庭によるこのバランスの違いが、家庭の味を築いています。

「赤」柚子胡椒は、赤唐辛子を使用した柚子胡椒。柚子胡椒といえば、青唐辛子が多いのですが、福岡や大分では、この赤いタイプもよく目にします。東京にはまだあまり入ってないようですが、「赤」も結構いけるんですよね。特にはかた炊き餃子との相性は抜群。まさに癖になりそうな味わいです。

博多の一部地域で爆発的な人気の「はかた炊き餃子」。東京ではちかっぱ 六本木でしか食べることができません。僕も実家が福岡なので、今年帰ったときに食べに行こうと思います。ただ、博多で食べてきた人によると、現地では、ちかっぱ六本木ほどのこだわりは感じないとのこと。逆に本場で食べてガッカリすることはないだろうか・・とちょっと心配ではあります。

ちかっぱは、食材担当が常に九州を飛び回って新しい食材を探しているほどのこだわりの店。このはかた炊き餃子にしても、皮、具、スープ、調味料、手包みなどにこだわる徹底ぶりです。本場のはかた炊き餃子も、さすがにここまではやってないのではないでしょうか。

10100409

10100410

10100411
「旬野菜のまるかじり」が出てきました。今回の参加メンバーは女性が多かったこともあり、この山盛りの旬野菜への期待は大きかったようです。特に長崎の「生からすみ」をつけて食べるのははじめての方が多く、かなり気に入ったようです。ちかっぱ六本木では、この「生からすみ」や「絹ちゃんの柚子胡椒」など、気に入った調味料を、お店で購入することもできます。当然、買って帰る人も多く、この日も「あと2本!」しか残ってませんでした。

10100412

10100413

10100414
この日、意外なヒットだったのは、「熊本名物辛子蓮根」です。熊本の郷土料理ですが、熊本で食べるより旨いのではないでしょうか。郷土料理って、地元の人たちはそれほどこだわってないですから、こういうお店で食べると別物になりますね。熊本の人にとっては、また別の魅力があるようですが、ちかっぱのものは、より洗練されて受け入れやすい味というところでしょうか。皆、おいしい、おいしいと言って食べていました。こういうものから郷土料理に入っていって、いつか熊本で食べてみて欲しいと思います。

「肥皇豚のつゆしゃぶ」は、アゴ出汁と鰹出汁の出汁で食べるスタイル。.豚肉は熊本県のプレミアム豚「ひごさかえ豚 肥皇」。口に含んだ瞬間とろける様な旨さ。野菜は、九州各地より厳選した旬の野菜です。

10100415

10100416

10100417
シメは、長崎の五島列島で作られる「幻のうどん」五島うどんです。デザートは、唐芋レアケーキ。唐芋とは、さつまいものこと。さっぱりとした上品な甘さがいいですね。

ちかっぱ 六本木、2回行っても、まだまだ食べきれないボリュームでがあります。ランチは早くも、すごく混雑しているそうですが、夜はまだ大丈夫でしょうか。4~20人超まで対応できる半個室がおすすめ。一番奥の個室も、六本木とは思えない静けさがいい感じです。

【参加ブログ】
・俺は座らない。ハイボールGOGOGO!:六本木ちかっぱで博多炊き餃子とハイボール六本木ちかっぱで旬野菜の盛り合わせと山崎プレミアムハイボール六本木ちかっぱで辛子蓮根vs宮崎・鹿児島ハイボール六本木ちかっぱで肥皇豚のつゆしゃぶと鹿児島ハイボール

・シグナル・ロッソ。:九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木@六本木

・あなさんの美しき日々:ちかっぱ@六本木(ダイニング)

・♪♪♪yuricoz cafe♪♪♪:九州のお取り寄せダイニング「ちかっぱ 六本木」@六本木

・天然プチトマ子:六本木「ちかっぱ」  “はかた炊き餃子”で一杯やりましょ 

・IkukoDays:『ちかっぱ 六本木 』 六本木 : 炊き餃子

・東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道


※記事完了後リンクします。


九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木

ちかっぱ 新宿 銀座 六本木




■店名:九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木
■住所:東京都港区六本木4-6-7 六本木4丁目ビルB1
■電話:03-5775-6571
■営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.14:15)、ディナー17:00~24:00(L.O.23:00)、金曜17:00~05:00(L.O.04:00)、土曜17:00~24:00(L.O.23:00) ※土曜日はディナーのみ
■定休日:日・祝


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/767

コメント

先日はご一緒させていただきありがとうございました!
九州よりも九州の美味しいものが食べられるステキなお店ですね☆
とっても気にいったので、また機会があったら是非利用してみたいと思います。

またどこかでご一緒しましょう~!
お会いするのを楽しみにしています☆

◆あなさん
どうも!ご無沙汰でした~。次回はどっかで飲みましょう♪また連絡しますね!

大変遅くなりましたがUPしました。

本当に美味しいお店で、
他にも食べたいメニューが盛りだくさんでしたね。
自分でもぜひ利用してみたいと思っています。
良いお店を教えて頂き有難うございました。(^-^)

◆ikukoさん
記事ありがとうございます!ぜひまた行ってみてください。またみんなで遊びましょう!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)