2010年11月01日

牛込柳町 つず久

マイミクのむ〜とん♪さんのお誘いで、牛込柳町のつず久で飲み会をすることになりました。つず久は、わさびめしで有名な居酒屋。とんねるずのきたなシュランとかにも出たそうですね。そういえば、テレビの制作会社の人から「面白い居酒屋ないですか?」と聞かれた時、2回ほど「牛込柳町のつず久ですかね」と答えたことがあります。ネタ的に面白くて、酒も料理もしっかりしている本格派。こういう店は誰に対しても紹介しやすいものです。

10091301

10091302

10091306

10091305
お店に着くと、我々が一番乗り。メンバーはまだ誰もいません。狭い店なので、カウンターの奥の方と小さなテーブル2つをなんとなく予約してあるようです。その後、む〜とん♪さんもすぐに到着。お通しはまぐろのづけ。つず久はお通しから違います。刺し盛りは、魚の種類によって、わさび、しょうが、蝦夷わさびなどを分けて食べます。蝦夷わさび旨いですね。刺身に風味が加わります。

つず久は、メニューが面白い店でもあります。いつものように、店内に貼り出された短冊を見ながら、注文する品を考えます。パウル君はもちろんタコ。先日亡くなりましたが、W杯で予想を全て的中させ、有名になったパウル君から取った名前です。ご主人、こういうのは逃しません。我々が注文したのは、由美子のうの花おから(1,000円)。そのあまりの旨さに、名前の由来を聞くのを忘れるほど。これは旨いです。

10091303

10091304

10091307

10091308
もうひとつ変な名前の料理をたのんでみます。中村晃子虹色の湖(1,000円)。これは分からない。世代が違います。7種類の具を入れた、ばくだんですが、7種類だから虹色の湖。中村晃子さんのヒット曲で、1968年に紅白出場したそうです。生まれる前のことなので、よく分かりませんが、ばくだんからこの曲までの道は遠い。つず久ワールドですね。

酒は、む〜とん♪さん持ち込みの「龍力」。純米吟醸、無濾過氷温貯蔵などをいただきます。つず久に来るといつも、む〜とん♪さんが家から持ってきたワインや龍力を飲ませてもらえます。龍力もファンが多い酒ですね。酒に詳しい人ほどハマる、質の高い酒です。

10091309

10091310

10091311

10091312
玉子焼(500円)には、イクラが入っています。これは旨いですねえ。この相性のよさは異常です。するめいか足ほいる焼き(450円)は、酒が進みます。つず久といえば刺身。前半はうまい刺身をつまみつつ、ちびちびと酒を飲みます。後半酒が入ってくると、徐々に酒量も増えて、酒で料理、料理で酒と、飲食共に加速度的に量が増えていきます。酒も料理もどちらも素晴らしい。こんな居酒屋も珍しいのではないでしょうか。

シメは、つず久名物「わさびめし」。釜で炊かれたご飯と、蝦夷わさびが運ばれてきました。北海道に自生する蝦夷山葵をすりおろし、のりと一緒にご飯にのせます。あとは上から醤油をかけるだけというシンプルな料理。食べるときに息を吸うと、気化したわさびが鼻を襲い、つーんとして涙が出るほどです。む〜とん♪さん曰く「初めての人には特に説明はせず、身をもって学んでもらう」。これがつず久の掟です。気化したわさびでつーんとならないためには、息を止めて食べるのが基本。そう教えつつ、自分もつーんとなる常連もいて、こればかりは何度食べても泣きながらになるようです。女将さんが蝦夷山葵をどんどん追加してくれます。頼んでもいないのに、「だめよ~、もっとかけなきゃ」と、山盛りにのせていきます。

家の近くにこんな居酒屋があれば、どんなにいいだろうと、話をしながら帰宅しました。名物の刺身だけでなく、ちょっとした料理なども、何でも旨い店です。何度もこの店に向かわせるのは、わさびめしのためでもあります。やはり、最後のつーんがないと、つず久に来た気がしません。近所にこういう居酒屋があるといいのにと、常連さんがうらやましく思いました。


【以前の記事】
つず久@牛込柳町 3
つず久 牛込柳町 2 わさびめし
つず久 牛込柳町

■店名:つず久(つずく)
■住所:東京都新宿区市谷柳町8
■電話:03-3268-6467


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/773

コメント

こんばんは。

卯の花が絶品なんですか!どんなお味なのか食べてみたいです。蝦夷山わさびも気になります。ホースラディッシュみたいな色ですが、味わいは違うんですよね?調べてみます。

◆はーるんさん
蝦夷山わさびすごいですよ。どこかで食べれるかな~?つず久にはいつもありますよ!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)