2010年11月22日

本日発売の「週刊現代」に出ています

本日発売の週刊現代、「今週のうまいもの番付」というコーナーで、『美味しい“サバの味噌煮”を出すお店~首都圏ベスト10~』 を紹介しています。84~85ページに見開きで出ていますので、よろしければご覧下さい。

しかし、サバの味噌煮とは難しいお題です。鯖は「サバの生き腐れ」という言葉があるほど、足が早く鮮度を保つのが難しい魚です。サバの味噌煮は、新鮮なサバを使った方がおいしい。でも、そんなに新鮮な鯖が入るなら、普通は刺身や〆鯖などにするでしょう。上等な鯖を味噌煮にする店は少ないものです。

うまいサバの味噌煮を食べようと思ったら、割烹のランチでサバの味噌煮定食を食べるのがベストです。ただこれをレギュラーメニューにしている店は少ないので、今回のセレクトからは外してあります。ランチの煮魚などは、前日の余りを使うことが多いので、〆鯖がメニューにある居酒屋のランチではお目に掛かる機会はありません。意外と登場の機会は限られているのです。

そんなわけで、美味しいサバの味噌煮を出す店を10店あげるというのは、思った以上に難しい作業でした。どういう時にサバの味噌煮を食べたかを思い出してみても、ランチの定食か、居酒屋で「もう1品」という時についでに注文するくらい。「この店のサバの味噌煮が旨いんだよ」と言えるほどの店は、東京にはほとんどありません。

今回は、業態、客層、シチュエーションなど様々な角度から見て、番付を作成しました。サバの味噌煮の有名店もいくつかありますが、評判にはあまりこだわっていません。掲載された10店を見てみると、サバの味噌煮が我々にとってどういう存在なのかが、なんとなく見えてくる気がします。居酒屋、定食屋、カフェ、そしサバの味噌煮専門店まで、様々なお店を紹介しています。ぜひ一度ご覧下さい。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/778

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)