2010年11月24日

新宿 酒処 吉本

この店に来たら、これを食べておかないと。というような、名物料理のある居酒屋もいいものです。新宿の居酒屋、吉本にも名物があります。なぜか長野県だけで食べ続けられてきた郷土食「塩いか」。茹でたイカを塩漬けにした昔からの保存食です。北海道などで作られ、食べるのは不思議と海のない長野県だけ。吉本に来たら、まずは塩いかを注文します。ハーフサイズもあるようですが、僕はいつも普通の大きさ。直径15センチくらいの皿にぎっしりと盛られた塩いか。これだけでもずいぶんと酒が進みます。

10100101

10100102

10100103
まずは皿に並んだ小さな3品のお通し。それから着席と同時に注文した塩いかが運ばれてきます。塩漬けのイカとキュウリ、それからミョウガがよく効いている。これは酒がすすみます。1杯目は、南信州ビール ゴールデンエール。細やかな泡とともに、華やかな香りが立ち上ってきました。

吉本は酒、料理ともに質が高い、見た目にも気を使った隙のない料理。割烹とまではいきませんが、居酒屋にしてはかなり気の利いたものを出します。それに対して、店内は完全に居酒屋モード。わいわいがやがやとみんな楽しく酒を飲んでいます。

今週のおすすめ料理の中から、季節煮物(茸の煮浸し松茸入り)880円を注文。厨房には御主人と若い板前さん。お二人とも丁寧に手早く作業をこなしています。盛り付けは細かく、料理にも手が掛かっています。ただ、手を掛ける部分と掛けない部分があって、そのバランスがいい。その結果、クオリティの高い料理が非常に短時間で出来上がります。このバランスはご主人のセンスでしょう。価格とスピードと味と見た目、一つの答えがここにある気がします。

10100104

10100105

10100106
鮪ぶつ1,100円も追加で注文。ぶつとはいえ、かなり質の高い鮪です。これで1,100円だったら、それほど高いという気もしない。まずまずではないでしょうか。

吉本は日本酒もいいですね。お得なセットが何種類も用意されていました。僕が好きな雄町のセットがあったので、早速注文。雄町米三銘柄セット880円。雄町米を使用した、田村、上喜元、美の川 越の雄町の3種類を飲むことができます。

新宿はいい居酒屋を探すのが難しいエリアです。そんな中、吉本という選択は、かなり手堅いのではないでしょうか。おばちゃんの接客はフレンドリーで話しやすいし、厨房は手早くキッチリとした仕事をこなす。店内は、カウンターで一人、ゆったりと飲んでいる客、テーブル席で和気あいあいな家族、座敷で大騒ぎしているサラリーマンと、全てを許容する懐の深さがあります。吉本は、様々な人々が行きかう新宿という街に、あるべくしてある憩いの場所とも言える居酒屋です。



■店名:酒処吉本
■住所:東京都新宿区西新宿1-13-3西新ビル3階
■電話:03-3348-9658
■営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/783

コメント

 太田和彦氏の郷土の味でしたね。東京なら食べられるんですねえ。

◆380Fさん
そうみたいですね。長野県の居酒屋にはないとか。お店に太田和彦さんの記事が置いてありました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)