2011年04月13日

あつた蓬莱軒 ひつまぶし 名古屋

八百善のラーメンを食べたあとは、常滑のウォークラリーで腹ごなし。カキ氷を食べながら茶屋のご主人とお話もしました。その後、常滑駅から名古屋に向かい、熱田神宮へ。緑豊かな素晴らしい神社です。その目の前にある、あつた蓬莱軒神宮店で食事をすることになりました。名古屋名物として有名な「ひつまぶし」。「いば昇」が元祖と言う説も有力ですが、この呼称は、あつた蓬莱軒の登録商標になっています。

100910b01

100910b02

100910b03
もちろん注文は、ひつまぶし2,730円。食べ方には作法らしきものがあります。おひつに入ったうなぎとご飯を、そのまましゃもじで切って4等分します。まずはそのままいただきます。2杯目はわさびや海苔などの薬味をのせて食べる。3杯目は薬味とダシ汁をかけて食べます。最後は一番気に入った食べ方で食べる。1品で3つの味を楽しめるのがいいですね。丼ものとしては、かなり値段が高めですが、食べ方は完全にB級なイメージ。名古屋らしいという気もします。

100910b04

100910b05
もちろん酒も注文。肝焼840円と合わせて、ビールや日本酒をいただきます。草薙(冷)1,050円は、熱田神宮御神酒だそうです。涼しげなガラスの徳利に入れられて出てきました。ちなみに、三種の神器の一つ草薙剣は、熱田神宮の御神体になっています。日本武尊が亡くなられた後、熱田神宮に草薙剣が祭られたとのこと。ただ本物の草薙剣が今どこにあるのかは謎のようです。

100910b06

100910b07

100910b08
熱田神宮は緑に囲まれた気持ちのいいところ。木製の巨大な鳥居は威厳があります。敷地内は空気が凛と張りつめて、厳かな雰囲気。そんな中、鶏が放し飼いになっています。きれいに掃き清められた緊張感のある庭、そこを我が物顔で横切る鶏。このギャップがなんともいい。熱田神宮が大好きになってしまいました。名古屋に来たらまたここに来て、ひつまぶしも食べて帰ろうと思います。



■店名:あつた蓬莱軒神宮店
■住所:愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
■電話:052-682-5598
■営業時間:11:30~14:30(L.O)、16:30~20:30(L.O)
■定休日:火曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/819

コメント

鶏可愛いですねー!(笑) なんかいいなぁ^^

鰻に葱と海苔というのが新鮮だなあ、
一度食べてみたいですね。
東京でも食べられるのだろうか?

それと名古屋ではプレミアムモルツが飲めるんだ!
家ではエビスビール大瓶を飲んでいるのですが、
震災でサッポロは問屋から全く入ってこないと近所の酒屋が言ってました。
それではプレミアムモルツは?って聞いたらそれもなし。
仕方がなく今はクラシックラガー飲んでます。
はやく工場が操業を再開して、美味しいエビスを飲みたいものです

◆shun_325さん
野良ニワトリ?癒されます(笑)

◆じくさん
サッポロは工場が向こうみたいですね。サントリーは武蔵野に工場ありますからまだ大丈夫な方でしょうか。エビス→プレモルときたら、僕の優先順位では次はキリンの一番絞りです。この3つは、米・コーン・スターチなどを使わず麦芽のみなので、質的に似ています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)