2011年05月31日

名古屋 食べある記

1泊2日の名古屋旅行記。名古屋といえば、ひつまぶし、モーニングなど独自の食文化があるところ。たった2日しかない中で、まず最初に向かったのは、常滑でした。長年、八百善のラーメンをいつか食べに行きたいと願っていました。名古屋に行く用事ができたからではなく、この旅行はまず八百善ありきで企画されました。最後に向かった喫茶 マウンテンも、長年の宿題店のひとつ。これはおいしいとかおいしくないとか、量が多いとか少ないとか、そういうことは一切関係なく、全員参加型のイベントです。そしてついでに立ち寄った犬山の素晴らしいこと。古くから続く造り酒屋のおばあちゃん、元気で頑張っていました。常滑のかき氷屋はテレビにも登場する人気店。ご主人とのお喋りは楽しかった。犬山のかき氷屋では、朝からビールが飲めました。名古屋の有名な二郎系の店にも行きました。取材不可ということで、今回は断念。ラーメンは食べましたが、ラーメン二郎にはあまり似てないかも?まだまだ奥深い名古屋の食。次回はどこに行くか、早速リストアップをはじめます。

八百善 ラーメン 常滑


あつた蓬莱軒 ひつまぶし


喫茶 リヨン モーニング


喫茶 マウンテン 名古屋の山



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/825

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)