2011年10月04日

伊勢うどん まめや

善光寺のお朝事に参加した後、宿坊ですばやく朝食をとり、タクシーで長野駅に移動した。長野駅から特急ワイドビューしなのに乗って、3時間かけて名古屋に向かう。この日の最大のポイントは名古屋での乗換だった。観光しながら、その日のうちに実家のある福岡に帰る。移動距離が長いので、予定通りの列車に乗りついでいかないとスケジュールが成立しない。名古屋での乗換時間は数分しかない。昨年も名古屋に来たので、駅の周辺はなんとなく覚えがあった。それでもバタバタと走り回って、なんとか予定通りの電車に乗ることができた。宿坊を出発してから5時間後、ようやく伊勢市駅に到着した。

11081401

11081402
伊勢神宮に参拝するために伊勢にやってきた。でもその前にどうしても食べておきたいものがある。もちもちとした極太のうどんに、真っ黒なたれ。強烈な個性を放つ伊勢の名物「伊勢うどん」だ。

伊勢市駅から歩いて5分ほどのところにある、伊勢うどんの老舗「まめや」。大正12年(1923年)創業、今年で86年になる。まめやは伊勢うどんの元祖と言われている。伊勢うどんの歴史は古く、江戸以前から地元の農民が食べていたうどんが元になっており、400年の歴史があるという。

まめや以外にも古くから伊勢うどんを出している店はある。創業100年を超える老舗もある中、まめやが元祖と言われるのは、「伊勢うどん」と命名したのがこの店だからだ。永六輔さんが命名したという説もある。永六輔さんがはじめて食べた時に「これは伊勢うどんだ」と言ったのが昭和47年頃。まめやのHPによると、「伊勢うどんは昭和42年、名古屋のメルサに赤福や魚九らと共同で出店した時「伊勢うどん」と名付けたのが始まり」とのこと。数年の前後はあるにしても、ほぼ同時期だ。でも元祖はやはり飲食店であるべきだと僕は思う。お客さんが何と呼ぼうと、メニューを掲げるのは飲食店なのだから。

11081403
名物の伊勢うどんは510円。シンプルで値段も安い。伊勢うどん以外にも丼ものは充実している。天丼、かつ丼、親子丼、牛丼、讃岐うどん、中華そば、ぞうにきしめんなどもある。夏ということもあって、かき氷の種類も15種類以上が用意されていた。セットもいろいろとある。伊勢うどんとミニ丼(1,150円)、ざるそばとミニ丼(1,300円)、ざるそばとかつ重(1,500円)など、とにかく何でもありだ。

東京で「伊勢うどん」を掲げれば、当然、伊勢うどんが中心で、その他のメニューは申しわけ程度に置かれるだけだろう。とてもじゃないが、「まめや」ほど多くの種類は出せない。伊勢うどんのまめやに、讃岐うどんまであるとは。なんとも微笑ましい。

伊勢うどんとサラダ(740円)、デラックス伊勢うどん(1,300円)を注文した。デラックス伊勢うどんは、大海老の天ぷら、山菜、めかぶ、玉子焼きなど大量の具がのったボリューム満点の一杯。伊勢うどんの魅力はシンプルさにあるが、まめやの魅力はデラックスの方から伝わってくるような気がする。

極太のうどんはコシが弱く、もっちりとした食感。そこに甘辛い真っ黒なタレがかかっている。これはスープではなく、タレという表現が正しいのだろう。こんなうどん見たことがない。他のうどんとは明らかに一線を画している。正直、ここまで個性が強いとは思わなかった。うどんのような作り方で、どちらかといえばうどんに近い見た目なのに、全然うどんじゃないみたいなのだ。なんだか騙されているような気にもなってくる。

11081404

11081405
駅から歩いて5分とはいえ、今年の灼熱の日差しの下では歩くだけで疲弊する。店に入って、汗をふきふきしているところに出てきた伊勢うどん。そのビジュアルを見て、しばし思考停止した。麺は冗談のように太く、これまた冗談のようにコシがない。タレを少しなめると甘辛い。「これは成立するのだろうか?」。すでに成立してしまっているものを前に、自分の中で咀嚼するために頭をひねる。疲れた頭で、何度も「なぜ?」「なぜ?」と問いかけながら麺をたぐった。「紀州の宗田節・ムロアジとたまり醤油を使用した秘伝のたれ」というが、確かにそうなのだろう。ただ、そんなに上品なものではない。この味は限りなくB級に近い。日本中のご当地グルメの中でも、相当なインパクトを残せる、うどんだと思う。

伊勢市駅のロッカーに荷物をあずけると、ちょっと身軽になった。実はロッカーに空きが全くなくて、しばらく途方に暮れていた。その時、荷物を取りに来た人が、もし来なかったらと思うと恐ろしくなる。伊勢神宮の外宮、内宮に荷物を持っていくのはつらい。しかもこの猛暑のなかで。考えるだけでもぞっとする。外宮と内宮は、思った以上に離れていた。バスで移動してもけっこうな時間が掛かる。夏バテにならなかったのは、伊勢うどんを食べたおかげかもしれない。いま考えると、そんな気がしてくる。




■店名:めん類れすとらん 伊勢まめや
■住所:三重県伊勢市宮後2-19-11
■電話:0596-23-2425
■営業時間:10:00~19:30(L.O)
■定休日:火曜日(火曜水曜連休あり)


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/842

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)