2011年10月11日

大はら茶屋 日田

自分の田舎でも何でもないのに、妙に落ち着く場所がある。僕は福岡県出身だが、大学生の頃はよく日田にドライブに行った。日田に行くには、うねるような山道を越えていかなければいけない。直線距離だとたいしたことはないのだが、山道を通るか迂回をするか、いずれにせよちょっとしたドライブになった。

110815a02
夏、やな場で食べる鮎はなんともいえない楽しさだった。梁漁(やなりょう)は、木や竹で組んだ「梁(やな)」と呼ばれる巨大なざるのようなものを川に設置し、魚がかかるのを待つという原始的な漁法。特に鮎には効果的とされる。川だと思って泳いでいたら、突然すのこの上に打ち上げられるという、鮎にしてはやりきれない仕掛けだ。日田のやな場も昔はこうして鮎をとったのだろう。その場で串刺しにして炭であぶる。やなの隣は細長い木造のテラスのようになっていて、そこで焼きたての鮎を食べることができる。今では養殖の鮎を使っている。形だけになったやなは、子供たちの遊び場だ。時々ほんとうに鮎がかかることもあるが、それで商売ができるほどの量がとれるわけではない。日田と言えば昔は天領で、水がおいしく、文化的にも興味深い土地だ。温泉などもあるが、僕らは特に目的もなく街中を散策するのが好きだった。

友人と4人で大はら茶屋に向かった。店の場所は非常にわかりづらく、地元の人が一緒でなければたどり着けないようなところにあった。大原八幡宮がある山のわきに細道がある。山を回り込むように上に上に伸びている。うっそうと木々が茂るその道を上ってゆくと、八幡宮を中心に敷地に沿って回り込むように裏山の上に出る。その坂を上りきったところに、大はら茶屋の入口があった。竹藪をより分けるように作られた入口には、木の看板が掲げられている。そこから石段をずっと下まで下りていくと玄関があった。建物は築数百年の古民家で、重厚な落ち着きがある。予約した席は窓際にあった。大きく開けられた窓からの景色は一面の竹林。竹林を通して青白い光が差し込み、幻想的な雰囲気に包まれている。建物自体が竹林に囲まれていて、風で竹の葉がすれる音以外は何も聞こえない。静かな時間が流れている。

110815a03

110815a04

110815a05

110815a06
名物の「花てぼ弁当」(2,420円)は、山里の幸を十数種類竹かごに盛り込んだ点心弁当。日田では、柄のついた竹かごのことを「花てぼ」という。日田には独自の文化があり、食も魅力的だ。田舎でありながら、文化的な香りがするところがいい。そのへんが僕が日田を愛する一番の理由だと思う。大はら茶屋は、湯布院の亀の井別荘の料理長をされていた方が地元で開いた店。料理には定評がある。花てぼ弁当を人数分と、地どりくわ焼き(1,600円)を注文した。「放ちがいの地どりをくわの上で焼きながら・・・・・・」とメニューにはある。「くわ」とは、「桑」のことだと勝手に思っていたら、「鍬」の柄が運ばれてきた。そうか、鍬の上で焼く農家の料理なのか。桑の香りを移した上品な料理を想像していただけに、これはかえって面白く感じた。

デザートに、くずきり(700円)も注文した。吉野本くずを使用している。奈良の吉野地方は、上質の水、気候など葛粉の精製に適した土地。吉野本くずは「吉野晒し」という伝統製法で作られている。豊かな風味や透明な質感で知られる逸品だ。

110815a07

110815a08
大はら茶屋を後にして、日田市街に出掛けた。江戸時代天領だった日田は、経済的にも非常に栄えた土地だった。中でも豆田町には御用達の商家が集中し、今でも古い蔵屋敷などが並ぶ観光地になっている。薫長酒造には、元禄15年(1702年)に建てられた酒蔵が今も残っている。5棟の蔵はすべて当時の姿で残っており、今でも清酒や焼酎の製造を行っている。

ふらっと立ち寄っただけだが、蔵の中を自由に見学することができた。道路を挟んだ向かいには、天然酵母のパン工房「KOGURA」があり、パンやコーヒーを楽しむことができる。豆田町の街をぷらぷらと散歩して、この店に入った。途中で休憩を取るにはちょうどいい店だった。



■店名:大はら茶屋
■住所:大分県日田市田島2-656-6
■電話:0973-24-7577
■営業時間:11:00~16:00 ※花てぼ弁当が売り切れ次第閉店


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/843

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)