2012年07月26日

フランス レストランウィーク 2012 レセプション

ダイナーズクラブ フランス レストランウィークのプレス発表会&レセプション。フランス大使館でのプレス発表会を終え、フランス大使公邸に移動。フランスレストランウィーク参加シェフによる料理が振舞われた。フランス レストランウィークは、全国のフレンチレストランで、ランチ2,012円、ディナー5,000円(税・サービス料込)という統一価格でコースを提供する。フランス料理を気軽に楽しむためのイベントだ。

フランス レストランウィーク 2012 レセプション

プレス発表会

江戸東京野菜
三國シェフの食材江戸東京野菜

東京野菜とうま味のジュレ
東京野菜とうま味のジュレ

「オテル・ドゥ・ミクニ」三國シェフは、江戸東京野菜を紹介していた。江戸東京野菜とは、江戸時代から伝わる伝統野菜の総称で、地方から持ち込まれた野菜が江戸で栽培され江戸の野菜として定着したもの。亀戸大根、練馬大根、谷中生姜、寺島茄子や小松菜などが有名。

今の野菜の主流となっている一代限りの種「F1種」とは違う、環境に適応しつつ生きてきた在来種をもっと大切にしようというメッセージでもあるように思う。ちなみに我が家でもなるべく江戸東京野菜を取っているので、三國シェフの活動には共感できる部分があった。

東京野菜とうま味のジュレは、三國さん曰く「冷たい味噌汁」。味噌汁の元となる要素を再構築した新しい味噌汁。お店では出さないこの日だけの特別メニュー。これはうまかった。「お店でも出してください」と頼んだがやはり断られてしまった。

長崎産スズキ、トマト、ホウレン草入りパイ包み焼 ココナッツ香るソース・アンショワと共に<br />
長崎産スズキ、トマト、ホウレン草入りパイ包み焼 ココナッツ香るソース・アンショワと共に

鹿児島産ブリ

黒コショウ風味の鹿児島産ブリのフェメ 夏野菜のマリネ添え<br />
ブリのスモーク
黒コショウ風味の鹿児島産ブリのフェメ 夏野菜のマリネ添え ブリのスモーク

巨匠アラン・シャペル氏の愛弟子の一人、長崎「カミーユ」上柿元シェフ。長崎の食材に惚れ込み、この地で活動している。今回のフランスレストランウィークのいいところは、「カミーユ」のような地方の名店を全国の人に知ってもらえるということ。もちろん知っている人はみんな知っている有名店ではあるが、その取組みも含めて一般の人にも名前が広まるいい機会になると思う。長崎産スズキ、トマト、ホウレン草入りパイ包み焼 ココナッツ香るソース・アンショワと共に。黒コショウ風味の鹿児島産ブリのフェメ 夏野菜のマリネ添え ブリのスモーク。

藁の香りをまとった前沢牛のロースト
藁の香りをまとった前沢牛のロースト

岩手「ロレオール」伊藤シェフ。藁の香りをまとった前沢牛のロースト、岩泉の地ウリと安家大根。南部の昔きゅうりは普通のキュウリの3本分の太さがあるという。江戸時代から大切に種を守ってきた岩手県北部・北上山地の伝統野菜。安家地大根(あっかのじでぇこん)は、水分が少なく硬いので保存性が高い。寒く長い冬の間のビタミン源だった。伝統の種は一度絶やしてしまうと二度と取り戻すことはできない。先祖伝来の種を絶やさぬように努力を続けているという。江戸東京野菜と同様、種を守る活動を続けている人たちが日本中にいる。

岩泉町安家地区は北上山地の深い山々に囲まれた清流の郷。アッカという地名は「水」を表すアイヌ語に由来する。冬はマイナス10度まで冷え込むことも珍しくなく長く厳しい冬を乗り越えるため独自の食文化が発達した。

京都産加都茶豚(かとちゃとん)の低温ロースト

京都産加都茶豚(かとちゃとん)の低温ロースト
京都産加都茶豚(かとちゃとん)の低温ロースト

京都「ルヴェソンヴェール」の伊藤シェフ。京都産加都茶豚(かとちゃとん)の低温ロースト、加茂茄子、鷹峯唐辛子、赤万願寺唐辛子のピュレ添え。

加都茶豚(かとちゃとん)とは、京都で古くから宇治茶の生産をしていた上仲製茶が生産。飼料に自家製茶葉を加えている。賀茂茄子のルーツは鴨川の上流にあたる上賀茂。代々この地で育ち種子保存してきた最高の品質の茄子だ。

アラン・デュカスの豚頬肉の煮込み
アラン・デュカスの豚頬肉の煮込み

会場には「ブノワ」のサービスの人が何人か手伝いに来ていた。お店で知っている人にも会場で久々にお会いした。頂いたのは「アラン・デュカスの豚頬肉の煮込み」。この日はブノワのスーシェフが来ていてこの料理も担当していた。


【ダイナーズクラブ フランス レストランウィーク2012概要】

◆開催期間:2012年9月24日(月)~10月7日(日)

◆対象:全国のフレンチレストラン(計544店舗)

◆内容:各参加レストランで下記の価格で限定コースメニューを提供
ランチ2,012円(税・サービス料込)
ディナー5,000円(税・サービス料込)

◆メニュー構成:前菜・メイン・デザート・食後の飲み物
※メニューの内容は店舗によって異なるので、詳細は各レストランにお問い合わせください。(サービス追加、通常のメニューも提供可能)
※完全予約制

◆予約方法:インターネット
・一休.comレストランサイト(http://restaurant.ikyu.com/
・直接レストランへ電話
※予約の際に、「フランスレストランウィークのメニュー希望」であることを、必ずお店にお伝えください。

◆予約開始:
・先行予約:9月3日(月)午前10時~ ダイナースクラブカードまたはシティカード会員のみ

・一般予約:9月10日(月)午前10時~

◆ダイナースクラブ会員向け特別サービス
・9月3日(月)より先行予約
・ 当日レストランでウェルカムドリンク(アペリティフ)のサービス
※来店時に必ずダイナースクラブカードをご提示してください。

◆公式HP
http://www.francerestaurantweek.com/

◆参加レストランはこちらで検索できます
http://www.francerestaurantweek.com/restaurant/

◆facebookはこちら
http://ja-jp.facebook.com/FRWeek2011


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/903

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)