2012年08月23日

巣鴨 やきそばー HIT

夏休みに帰省旅行をするということで、今年も各地を食べ歩きながら帰ることにした。詳しくは次回以降に書くが、夜中に出発する電車に乗って車中泊するというマニアックな帰り方。23時頃発の電車だが、乗る前に何かお腹に入れておきたい。駅近で軽く食べれる店を考えると、よく行くのは丸八鮨、ひろちゃん、清、とん平など。そういえばどれもブログにまだ書いてないなあ。そのうち巣鴨特集をやらないと。この辺はほんとにいい店が多くて、書くべき店がたぶん20軒くらいはある。その中でも駅近で忘れちゃいけないのが「やきそばーHIT」。我が家の御用達である。

和風醤油らーめん
和風醤油らーめん

手打ち焼きそば

手打ち焼きそばの麺
手打ち焼きそば

前身がバーの焼きそば屋なので、やきそばーという。どうやら実家のバーを2代目がやきそばーにしたらしい。くの字に曲がったカウンターは、狭い店内に無理やり作った感があっていい。席は10席ほど。隠れ家的な雰囲気の店なのだが、中に入るとテレビを見ながら、焼きそばやおでんをつまんで飲んでいる。誰も長居はせず、サッっと食べて飲んで帰るのがいい。狭い店だし、ご主人一人でやっているので、常連はそのへんの事情をよく理解しているのだろう。

2日かけて仕込む手打ち麺は注文を受けてからパスタマシンで切り出す。3時間も手でコネるという文字通りの力作だ。我が家にあるのと同じ型のパスタマシン。日本でも手に入るよくあるやつだ。こんな機械でもおいしい麺が打てるんだなあと自分の力不足も感じるが、たぶんこれは切るだけに使っているんだと思う。麺を打つのはもう少しちゃんとした機械を使ってるんではないか。

焼きそばとラーメンはたぶん同じ麺。平打ちだから焼きそばでもラーメンでも違和感はない。和風醤油らーめん(600円)は喜多方ラーメン風。スープのレベルはかなり高い。麺ともよく合っているし、これはおいしかった。チャーシューもかなりいい。シンプルで上品なラーメンで、完成度は相当に高いと思う。これまで焼きそばばかり食べていたので、このラーメンのおいしさは衝撃だった。手打ち焼きそば(700円)は16種類の具材が入ってボリュームがある。これがまた酒に合う。酒に合うといえば、焼餃子(300円)も捨てがたい。とにかく何を頼んでも水準以上の味。どれもこれも食べたくなるが、ご主人お一人でやっているので一度にいろいろは頼めない。でもこの日はお客さんも少なかったので、じっくり食べることができた。いつもこうだとありがたいんだけど、そうするとお店が稼げないので難しいところ。

焼餃子
焼餃子

おでん
おでん

おでんはセルフで1個100円。必ず個数を申告するようにと注意書きがある。黙って取ると200円になるという。どうしてこんなルールになっているのか、この店のちょっと不思議なところ。おでんは一番奥にあって死角になるので、麺を茹でたりしていると何個取ったかなんて分からない。そういうトラブルもあったのかもしれない。

軽く食べるつもりが、お客さんが少ないという幸運(?)に恵まれ、結構食べてしまった。腹ごしらえもしたことだし、次回からの旅行記はこの続きからはじまります。



■店名:やきそばーHIT
■住所:東京都豊島区巣鴨1-17-3
■電話:03-3944-3903
■営業時間:18:00~25:25(L.O.)
■定休日:日曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/913

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)