2012年09月05日

福岡 瓦そば こぐれ

次の日はお盆なので友人宅に出掛けた。その途中、妙に瓦そばが食べたくなって、兄に教えてもらった店に寄ることにした。第1候補の店は休みだったので、第2候補の店へ。福岡県田川郡香春町にある「味の茶屋 こぐれ」という店だ。これで「かわら」と読む。何かのパンフレットで「瓦そばの郷香春町」とあるのを目にしたが、シャレではなく、実際瓦そばを出す店がいくつもあるらしい。以前行ったことのある山小屋ラーメン本店があった場所の隣の店だった。

瓦そば
名物瓦そば1,100円(1人前)写真は2人前(2,200円)

「味の茶屋 こぐれ」は創業46年になるという。トンネルを抜けたすぐ近くにある峠の茶屋のような店だ。田舎は車社会なのでこういう店がよくある。移動中に見掛ける幹線道路沿いの飲食店はどこも魅力的にみえる。こぐれは、瓦そば、うなぎ、すっぽん料理の専門店。うなぎやすっぽん料理もおいしそうだが、もちろん瓦そば1,050円を注文した。

瓦そば(かわらそば)は、山口県の下関の郷土料理。熱した瓦の上に茶そばと具をのせて食べる。元祖は「瓦そば たかせ」という店で、川棚温泉のホテルなどが名物として広めた。小さい頃、川棚温泉のホテルのテレビコマーシャルで瓦そばが大々的に宣伝されていたのを思い出す。元祖の「瓦そば たかせ」のHPによると、「明治十年、西南の役において熊本城を囲む薩軍の兵士たちは、長い野戦の合間に瓦を用いて野草、肉などを焼いて食べたという古老の話にヒントを得て、弊店創立者、高瀬慎一が数十年を経過した日本瓦を用い、弊店独自の製法にて開発いたしました雅味豊かな茶そばに、牛肉、錦糸卵、海苔、もみじおろし、レモンなどを配し、これも又、弊店独自のつゆを添えて「瓦そば」と名付け供したるところ、大方の絶賛を得て広く各地よりご来店賜るところとなりました」。

なるほど。ここまで書いてくれれば付け加えることはない。で、これが評判を呼び、川棚温泉の名物になった。ついでに香春町の名物でもあるらしいが、その由来は定かではない。たぶん読みが同じとかそんなところだろう。瓦そばを出す店が昔からいくつかはあったんだろうけど、「瓦そばの郷」というのは町おこしの意味合いの方が強そうだ。

というか香春町はそんなものに頼らなくても、かなり歴史のある町だ。風土紀や万葉集にも出てくるし、香春神社は神代の天皇家との関係も深いという。九州にはこういう古い土地が多いが、香春は昔から銅が採れたりしたので(東大寺大仏建立にも香春の銅が使われた)特別な存在だったのだろう。五木寛之の小説『青春の門』の舞台としても知られているし、今更「瓦そばの郷香春町」などと小さくまとまっていいものかと若干疑問に思わなくもない。

茶そば
茶そば700円

15分くらい待っただろうか、熱々のデカい瓦が運ばれてきた。これがテーブルに置かれるとずいぶんと迫力がある。お店の人がテーブルに置いたときもゴツンという皿にあるまじき激しい音がした。かなり重そうだ。瓦そばの魅力は熱々の瓦、カリカリになった茶そばと肉、もみじおろしなどだろうか。味はどこもそんなに変わらない。見た目と迫力、そしてこの臨場感がいい。目の前に置かれたこの熱々のデカイ物体。顔の前なので、とにかく熱い。でもこの熱さがうまさの秘訣だろう。ハフハフしながらあっという間に平らげた。こんな食べ物があるから地方は面白い。

まだ川棚温泉で瓦そばを食べたことがない。いや、小さい頃食べたかもしれないが全く記憶にない。「こぐれ」の瓦そばが予想以上によかったので、次は本場で!という色気が出てきた。近いうちに実現したいと思う。


■店名:味の茶屋 こぐれ
■住所:福岡県田川郡香春町鏡山1533-2
■電話:0947-32-3960
■営業時間:11:00~22:00
■定休日:第1、第3、第5水曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/912

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)