2012年09月07日

福岡 讃岐うどん 池流

友人宅を後にしてみんなでご飯を食べて帰ることになった。全員車なので、昔から酒を飲むよりも食に走ってしまう傾向にある。さて今夜はどこに行こうか。集合が遅かったので、けっこう遅い時間だ。「何が食べたい?」と聞かれたので正直に、「おいしくて面白い店!」と即答。こういうことを言われると店を探すのに苦労する。でも僕に聞いたのがよくなかった。久々に会ったのだから店なんかどこでもよさそうなものだが、せっかくなのでみんなで店探しをすることにした。

かけデラックス
かけデラックス700円

友人のMはこの辺りの飲食店に詳しい。このMという人は、結婚式でぼくの甥を天井高くまで投げ上げてあやうく落としそうになった。何度も何度も高く高く投げ上げるのでまわりはヒヤヒヤしたが、子供は大喜びだった。子供から見ると面白いおじさんなのだろう。まあ僕らから見ても十分面白いおじさんではあるけれど。Mの情報源は主にテレビのようだが、話を聞いているといろいろと面白い店を知っている。福岡のテレビは東京と違って、無名な小さな店にもよく取材に行く。そういうのを逃さず見ているようで、候補に出てくるのは本当に面白くて変な店ばかりだ。次から次へと特徴ある店の話が出てくる。ところが店はなかなか決まらなかった。いくつかの候補店に車で行ってみたものの、ほとんどが休み。お盆のこの時期は早仕舞いする店も多く、店選びに難航した。次々と場所を変え、そしてやっと見つけたのが飯塚市の「池流うどん」だった。本格的な讃岐うどんの店だという。福岡で讃岐うどんというのもなんだかな、という気がしなくはないが、Mのおすすめなので行くことにした。

店はご主人が一人で切り盛りしているようだ。入ってすぐ気になったのが店内に掲示されていた「ぼた山おに天200円」。ぼた山というのは筑豊地方でよく見られる山で、石炭を掘るときに出てきた石などを積んで山になったもの。石炭混じりの小さな山だ。そのぼた山と見た目が似ているということだろうか。1つだけ頼んでみんなでシェアすることにした。5人で割るので一人分がものすごく少ないが、僕以外はあまり興味がなさそうなので問題はない。一口ずつ食べて回した。ダシがなかなかうまい。おにぎりを崩してダシに溶け込んだところで食べると更にうまい。これはこの店では必食だな。

ぼた山おに天
ぼた山おに天200円

かけデラックス700円を注文。天ぷらのトッピングを何にしようかと悩んだが、結局いろんな天ぷらが入っているデラックスに落ち着いた。天ぷらはカリカリでうまく、ダシも染み入るようにうまい。そして何よりいいのが、このコシのあるうどん。福岡でこんなうまい讃岐うどんが食べれるとは、正直この地域にはそれほど期待していなかったので、嬉しい誤算であった。

帰り際にレジの近くに貼ってある「るみばあちゃん」の写真が目に留まった。聞いてみると、るみばあちゃんの池上製麺所で修行されたのだという。本場で修業しないとこの麺は打てないだろうなあと思っていたら、本場のしかも有名店の出身だった。とはいえ、大切なのは修行先の情報よりも、食べてみておいしいかどうかだ。これだけしっかりした讃岐うどんを出していれば、黙っていてもいずれ注目される店だと思う。



■店名:池流うどん
■住所:福岡県飯塚市横田66-5
■電話:090-9405-3636
■営業時間:11:00~14:00頃、18:00~21:00頃
※麺がなくなり次第終了
■定休日:不定休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/918

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)