2012年11月02日

駒込 たち飲み きんらん

きんらん

最近、立ち飲みにハマっている。千円でべろべろになれるという「せんべろ」という言葉も定着して、立ち飲み愛好家も増えているようだ。ただ、せんべろというのはけっこう難しくて、安い店でも1,500円くらいでせいぜい「ほろ酔い」になれるくらいではないだろうか。それでも1軒千円を目安に数件ハシゴするのは楽しい飲み方だ。

うちの近くには立ち飲みが少ない。茗荷谷、大塚、巣鴨にはいい店がほとんどないが、駒込駅前にはいくつか有名な店がある。駒込は一般には高級住宅地のイメージがある。そんなお上品な土地に立ち飲み屋なんかないように思われるが、それも場所による。駒込や巣鴨というところは、高級住宅地がありセレブ御用達の店もある一方、かなりアヤシゲな店もしっかりとある。駒込駅の周辺も立ち飲み屋がしっくりとくるような雰囲気だ。ぜんぜん違和感はない。

この日は立ち飲みをハシゴすることに決めていたので、早めに仕事を切り上げて駒込駅前の「きんらん」に向かった。きんらんと書かれた白い暖簾をくぐると、お客さんが2列にずらっと並んでいる。立ち飲みは席数がよく分からないものだが、どう見ても満席。それでも諦めきれず、ぼおっと店内を見回していたら、「ここ、いいよ」とおじさんが少しスペースを空けてくれた。立ち飲みはこういうやりとりがあるから嬉しい。

ねぎま串
ねぎま串250円

ししゃも
ししゃも250円

きんらん地酒一合
きんらん地酒一合320円

生ビール(中)400円、ししゃも250円、ねぎま串250円を注文。これで900円。まあこれで済めばせんべろなんだろうけど、ビール1杯じゃほろ酔いにもならない。きんらんというのは、山形の地酒「錦爛」のことで、店にも何種類か置いてある。日本酒一合220円、生吟じょう酒500円もあるが、きんらん地酒一合320円にした。1,220円でほろ酔い。安い方だと思う。

きんらんは常連客が多い店だ。話を聞いていると、横も後ろも、ずっと奥の方の人もどうやら知り合いらしい。地元に愛される店というのはいいものだ。うちからはちょっと遠いけど、「なんだ近いじゃないか、時々おいでよ」と、なぜか客に言われてしまった。こういう雰囲気の店には時々寄りたくなる。また来ることにしよう。


■店名:きんらん
■住所:東京都北区中里1-6-4
■電話:03-3822-2670


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/936

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)