2012年11月15日

ピエール・ガニエール 赤坂 フレンチ

ピエール・ガニエール

震災の次の日、ピエール・ガニエールを予約していた。あの震災の後なので、当然どこにも行くことができず、予約はキャンセルすることになった。結局その後ガニエールには行ったものの、ブログに書く気は全く起きなかった。震災の悲惨さと、記念日のフレンチとのギャップ。ようやく書いてみようかと思えるようになったのは、震災から1年半が過ぎたつい最近のことだ。

青山にあった「ピエールガニエール・ア・東京」でのディナーは、これまで食べた中で最も感銘を受けた食事の一つだった。この店はいろいろあって閉店することになったそうだが、すぐにインターコンチネンタルホテルに新店を出した。インタビューなどを見ると、この店ではガニエール氏が納得できる料理を出せそうな気がした。青山以上の魅力的な料理が供されるのかもしれない。そういう期待もあって、訪問するのをずっと心待ちにしていた。

フォアグラのシャンティー
フォアグラのシャンティー、赤ビーツのアイスクリームとコンフィ、マンディアントーストを添えて

焦がしバターで焼いたアイナメ
焦がしバターで焼いたアイナメ、魅惑的なじゃがいも”梅干しとオリーブタギャス”貝のブイヨンと共に

ブレス産鳩肉のカカオ風味、茄子のブレゼとポレンタのクリスティアン 鳩モモ肉のカイエット
ブレス産鳩肉のカカオ風味、茄子のブレゼとポレンタのクリスティアン 鳩モモ肉のカイエット、生姜を効かせて

その前日に例の震災が起きてしまった。僕が電話したときには、ほとんどのお客さんはキャンセルをしていた。大きな余震も続いていて、交通機関も麻痺していた。お店は36階という高層階にあるにも関わらず、被害はほとんどなかったという。それでもこんな状況で食事に行くことはできない。僕らもキャンセルをして、用意していたお金は全額寄付することにした。

トーストとクミン風味のマンステール、ゲヴェルツトラミネールのジュレ ブルードヴェルニュとプルーンシート ミモレットの薄切り
トーストとクミン風味のマンステール、ゲヴェルツトラミネールのジュレを添えて ブルードヴェルニュとプルーンシート ミモレットの薄切り

記念日のプレート
記念日のプレート

青山のときは、ガニエール氏はずっと厨房にいた。終盤、各テーブルを挨拶に回る姿は、世紀の天才のオーラに満ち溢れていた。ところが今回は、最近カメラがお気に入りなのか、ずっと一眼レフを覗いて絶えず写真を撮っている。僕が料理を撮影する姿も十数枚撮ってたんじゃないだろうか。逆に僕もガニエールを撮ったし、記念に一緒に写ったりもした。普通の時期の食事だったら、記念に残る素晴らしい思い出になっただろう。それだけに、この日のことを思い出すのはなかなかツラかった。

デザート

デザート

デザート

デザート
終盤はデザートの連続

料理は相変わらずおいしかった。金額は青山のときと比べてかなりリーズナブルになっていて、その分食材費は抑えられていた。それはそれで悪いことではないけれど、ガニエール来日中のディナーとしては物足りなかった。青山の頃は、料理がおいしいだけでなく、エンターテイメントとしても成立するほどコースが練られていた。まさに驚きの連続。今回はそれがない。料理のクオリティはあいかわらず高く、文句のつけようはない。ただ、ピエール・ガニエールといえど、毎日奇跡的な料理を出すのは難しいということだろう。

とはいえ、この内容であれば満足するべきなのだろう。1年半前のことだけど、今でもどんな味だったかほとんど思い出せる。こんなレストランは滅多にない。もう軌道に乗っているだろうから、また来年にでも再訪してみようと思う。


■店名:ピエール・ガニェール
■住所:東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル36F
■電話:03-3505-9505 (9:30~21:00)
■営業時間:11:30~14:00(L.O.)、18:00~21:00(L.O.)
■定休日:月曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/873

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)