2012年12月03日

築地 かとう

ひらめの刺身
ひらめの刺身

つきじろうさんによる築地ツアー。二軒目は「かとう」に向かった。かとうも人気店だが、この日は行列はなく運良く並ばずに入ることができた。同じ8号館には人気の「米花」や「高はし」もある。でもこの2店はかなり並ぶ。高はしは以前は好きでよく通っていたが、値段が高いこともあって最近はなかなか足が向かなくなった。かとうも安くはないが、質の高さを考えるとコスパはまずまずだと思う。

塩辛
塩辛

かとう
白子

かとう
かきどうふ

かとうは、以前、声がドラえもんにそっくりなおばさんが名物の店だった。その方は引退されて、今はお姉さんがチャキチャキと働いている。頼り甲斐のある女性がいる店という意味では、僕の中でのイメージは以前とあまり変わらない(ちょっと優しくなったけど)。

店内は半分くらいお客さんが入っていた。カウンターに4人分席が空いていたので、つきじろうさん、Shinoさん、プチトマ子さん、僕の順で並んで座ることにした。

かとうはいろんな魚料理を揃えている店なので、それぞれが好きな品を注文して、みんなでシェアすることになった。1軒目はビールで乾杯したが、今度は日本酒(富翁)550円を熱燗で注文。ということは、やっぱりつまみは煮魚なんかがいい。僕は黒ムツ(煮付)1,500円にした。かとうはいつ何を食べてもうまい。特に魚の煮物は僕のお気に入りだ。これで朝から熱燗をいただけるなんてたまらない。築地が家からもっと近ければ、土曜の朝は毎週こんなことをしているかもしれない。

かとう
あんこう煮(肝入り)

かとう
黒ムツ(煮付)

かとう
日本酒(富翁)

あんこう煮(肝入り)1,850円、ひらめ刺身、かきどうふ1550円、白子なども注文した。かなり頼んだけれど、大体このくらいで我々の食欲は満たされたようだ。この時期食べたいものはだいたい食べきった。そのくらいの充実感があった。

4人という人数は、築地場内を食べ歩くにはちょっと多いかもしれない。場内は小さな店も多く、どこもお客さんでいっぱいだ。今回は運が良かったけれども、毎回この人数で座れる保証はない。でもこの人数なら1つの店でいろいろなメニューを頼むことができる。目的の店が決まっている場合には、思い切って4人くらいで行くのもうまいやり方だと思う。もちろん、つきじろうさんのような築地に詳しい人が連れて行ってくれる場合に限るけれども。


■店名:かとう
■住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号棟
■電話:03-3547-6703
■営業時間:4:30~13:30
■定休日:日祝(休市日)

大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/941

コメント

はい、“土曜の朝は毎週こんなことをしているかもしれない” という人です(笑
 
前記事で述べておられた通り、「築地=寿司」という先入観を捨てることができれば
「かとう」は、築地らしいシーフードメニューの選択肢が多くてお値段も “ほどほど”
なので、誰にでもオススメできるかなと。
 
それとグループ客としての人数についてのご指摘、ごもっともだと思います。特に
土曜日などは、並んで座れればラッキー!という感じですが、この日のワタシ達は
ラッキーでしたね♪ 

◆つきじろうさん
そんなうらやましい生活をされてますよね(笑)
この日はラッキーでした。我々の分だけ席が空いていましたよね。どなたの強運だったんでしょうか^^;

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)