2013年01月17日

ビストロ ジュイエー 大塚

ハンガリーの国宝豚、マンガリッツァ豚バラのポートワイン煮、フォアグラ添え
ハンガリーの国宝豚、マンガリッツァ豚バラのポートワイン煮、フォアグラ添え

新居に住んで1年半、家の近くの飲食店が予想以上にレベルが高いことが分かってきた。巣鴨、大塚、茗荷谷など、元々食文化のある土地ではある。わざわざそういう場所に出店する店の意気込みと、そこに通うお客さんの厳しい目。いろんな要因があるだろうが、結果的にちょっとしたグルメスポットになっている。これだけいい飲食店があれば、毎日でも外食をしたくなる。いくつか隠れた名店も見つけたが、その中でも筆頭にあげたいのが、大塚のビストロジュイエーだ。

ツブ貝と雲丹の軽いグラタン
ツブ貝と雲丹の軽いグラタン

フォアグラと鴨肉のグルメなテリーヌ
フォアグラと鴨肉のグルメなテリーヌ

オマール海老のキャベツ包み焼き、アメリケーヌソース
オマール海老のキャベツ包み焼き、アメリケーヌソース

この店はビストロと言っているけれど、かなり上質のフランス料理店だ。食材にこだわり、日本人にあったフランス料理をリーズナブルな価格で提供している。そのこだわりたるや相当なもの。HPによると、食材は生産者とこまめにコミュニケーションをとり、食品添加物のない正常な食の味を伝えることをモットーにしているという。こういうことを宣言する店は他にもたくさんあるが、料理を食べてみて、その思いが説得力を持って伝わってくる店は少ない。

店内はビストロらしくカジュアル。サービスも、ぶっきらぼうというか、かなりアッサリしている(サービスのお兄さんは一見ぶっきらぼうに見える)。グラスをポイと置いて、ワインをドボドボと注ぐ。でもこのお兄さんのサービスは文句なく素晴らしい。

僕も学生時代サービスのバイトを数年やっていたが、特別な場所に駆り出されるようなベテランのサービスマンでさえ、このお兄さんほどサービス上手ではなかった。彼のバッティング、会話、ワインの勧め方などは適切で、いつもそのおかげで食事がうまく進んでいることを感じる。

旬魚と牡蠣ポワレ、ハマグリのだし汁入スープ仕立て
旬魚と牡蠣ポワレ、ハマグリのだし汁入スープ仕立て

お口直しのグラニテ
お口直しのグラニテ

聖夜のデザート
聖夜のデザート

昨年のクリスマスは日本料理店に行った。別にクリスマスに和食でも問題ないのだが、何か引っかかるものが残った。せっかくのクリスマスなんだから「今年も美味しいものを食べた!」と胸を張って言えるような食事がしたい。ということで出直すことにした。そういう時にはいつもビストロジュイエーに行く。この店にいけば間違いなくいい気分になれる。我が家の最後の切り札的な存在だ。

クリスマスメニューは12月中のみで、20日~25日はクリスマスメニューだけになる。「ツブ貝と雲丹の軽いグラタン」、「フォアグラと鴨肉のグルメなテリーヌ」、「オマール海老のキャベツ包み焼き、アメリケーヌソース」、「旬魚と牡蠣ポワレ、ハマグリのだし汁入スープ仕立て」、「お口直しのグラニテ」、「ハンガリーの国宝豚、マンガリッツァ豚バラのポートワイン煮、フォアグラ添え」、「聖夜のデザート」、「カフェ」。これで10,000円(税、サービス料込み)。通常はシェフおまかせコース6,800円、シェフおまかせ特別コース8,900円、プリフィックスが4,300円と5,200円なので、いつもよりはやや割高になっている。でも内容は普段よりもよさそうだ。

テリーヌ、オマール海老、旬魚。どれも美味しく香りがよくて、印象深い。でもこの日一番好きだったのは、豚のポートワイン煮、フォアグラ添えだろうか。とにかくジュイエーのフォアグラ料理は美味しい。表面はカリッと歯触りがよく、フォアグラの味を引き立てているように思う。ソースが美味しいのもこの店の特徴。重すぎず軽すぎず、食べ応えはあるが食後さっぱりとしている。ジュイエーの料理は体に優しくて、胃にもたれない。何度通っても飽きることがないのはそのせいだろうか。


■店名:ビストロ・ジュイエー
■住所:東京都豊島区北大塚2-3-12
■電話:03‐3949‐7721
■営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.13:30)、ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)
■定休日:月曜日
割烹ビストロ樹癒え 大塚



大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/948

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)