2013年03月13日

ビアライゼ’98 新橋

>ビアライゼ名物メンチカツ
ビアライゼ名物メンチカツ
ビアライゼ’98はその名の通り1998年にオープンした。ご主人は伝説のビアホール「灘コロンビア」で17年間修業。灘コロンビアが閉店した時にビールディスペンサーを譲り受けて独立したそうだ。マッチ棒が立つというきめ細かな泡は、灘コロンビアの新井氏から受け継いだ技。マスターの松尾氏は日本屈指の名サーバーと言われている。

店に入ったのはまだ7時前。すでに多くの人が店内で飲んでいる。一人なのでカウンターに座ることにした。一番手前に座って飲んでいた女性がバッグをどけてくれた。挨拶をしながら席に着いた。この女性、なかなかの飲みっぷりだ。彼女を見ていると僕も早く飲みたくなってきた。ちょうど目の前にサーバーがあった隅田川ヴァイツェン780円を注文。ここのビールはやっぱりうまい。1杯1杯丁寧に入れているのがよく分かる。こういうのが美味しさの秘訣なんだろうなあ。気持ちが伝わってくる。

ビアライゼ’98といえば、コロッケやメンチカツも外せない。ビアライゼ名物メンチカツ950円は、ザクザクとした硬めの衣に手作りの特製ブラウンソースが染み込んでいる。この食感がいい。ビールによく合うし、味もいい。

>ビールサーバー

>隅田川ヴァイツェン

>ビール

メニューを見ていて気になった「飲み比べ!3種ビールセット」は、本日の樽生からハーフサイズで3種類飲み比べできて1,180円。これはお得だ。18時までのお得なセットというのもある。アサヒ(まるF)+ビール仕込みのminiチキンカツで880円。16~18時だけの特別セットだ。まるFというのは、スーパードライの前身になった生ビール。当時の開発番号がまるFだったそうだ。

新橋駅から少し離れたところには個性的な店がいくつかある。駅前よりも少し落ち着いた場所なので、ビアホールにはもってこいの場所かもしれない。ビアライゼ’98はこの周辺の中でも格別の存在。店内は落ち着いていて活気がある。この雰囲気は一人飲みにはちょうどいい。


■店名:BIERREISE'98 (ビアライゼ’98)
■住所:東京都港区新橋2-3-4 新橋パークビル1F
■電話:03-5512-5858
■営業時間:ランチ 水、木、金11:30~14:00、ディナー16:00~22:30/第1.3.5土曜16:00~21:00
■定休日:第2.4土曜、日曜、祝日

大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/975

コメント

くにろくさん、新橋 ドライドックの唐揚げも素敵です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)