2013年09月03日

富鮨 館山

地物にぎり
地物にぎり

夏休みに千葉の館山に行ってきた。今年はどこにも行く予定がなかったのだが、急に海水浴がしたくなったのと、港で取れた魚を出すような寿司屋にも行ってみたくなった。かなり直前だったので宿探しには苦労した。旅行会社にいくと、近場の太平洋側の海は全く空きがなかった。何軒目かの旅行会社でようやくキャンセルが入ったホテルが見つかった。それが館山だった。嬉しいことに寿司の町だ。

地物にぎり

館山には地元の漁港でとれた魚を出してくれる店がいくつもある。富鮨もその一つで、ネタがよくて、値段も安いということで、期待して予約をとってみた。

11時頃ホテルに着いて、そのまま海水浴場へ。帰りは13:45に迎えが来る。ちょっと時間が長い気がするが、とても歩いては帰れないし、タクシーもつかまらないような場所だから仕方ない。海水浴を終えホテルに戻ると、すぐにタクシーを呼んでもらった。タクシーは14時過ぎにようやく到着した。富鮨の予約は14:30だ。ギリギリ間に合わないので、電話で遅れる旨を告げてからタクシーに飛び乗った。

予約時間を少し過ぎて伺うと、店はシャッターが閉まっていた。店先にいたご主人に遅刻を詫びると、冗談ぽく「来ないのかと思った」みたいなことを言って、シャッターを開けてくれた。そして、僕らが店に入るとまたシャッターを閉めてしまった。別のお客さんが来たときにもう一度シャッターを開けたが、その人たちが中に入るとまた閉めてしまった。この時間帯は予約していた2組だけで他のお客さんを入れるつもりはないようだ。

大トロあぶりにぎり
大トロあぶりにぎり

鯖たたきにぎり
鯖たたきにぎり

お通しは生姜の入ったゲソのたたき。ストレートに海の幸という感じがして、すごくいい。これに合わせて日本酒を冷やで注文。辛口と純米、コップ酒などがあるようだが、純米を選択。この日は地酒の「平砂浦」だそうだ。はじめて飲んだがなかなか旨かった。

地物にぎり3,150円と会席茶碗蒸し473円を注文。茶碗蒸しはもう終わってしまったらしい。真夏だからか、昼はそれほどたくさん用意しいていないのだろう。地物にぎりは、近くの漁港でとれた定置網直送の魚を使用している。ネタは大ぶりで、噛みごたえがある。シャリも大きくて、緩めに握られているので、持ち上げるとシャリが崩れてしまう。

ワラサ、イサキ、ヤリイカ、キンメダイ、クロムツ、〆サバ、鯛、カツオ、ヒラメなど。ヤリイカにはキモが塗ってあるが、半分くらいのネタにはおろし生姜がのっていて、豪快というかなんというか、港に来たという感じがよく出た寿司だ。ご主人は東京で修業されていたそうなので、その時はこうではなかっただろう。たぶん意図的にこういう寿司を出しているのかなと感じた。

富鮨 館山

お通し
お通し

布良港

最後に、鯖たたきにぎり368円と、大トロあぶりにぎり(一貫)1,050円を追加注文。鯖たたきにぎりは皮目がパリパリとして、脂がのっていてすごくおいしい。布良港でとれたものではないのかもしれないが、この日はこれが一番おいしかった。

富鮨を出て裏手に回ると、眼下に布良港が広がっていた。歩いて5分程だろうか。港まで歩いて坂を下りていった。港はもう閑散としているが、何人か釣りをしている人の姿も見える。こんな近くで水揚げされた魚がうまくないわけはない。富鮨にきたら、地物にぎりは食べておくべきだと思う。


■店名:富鮨
■住所:千葉県館山市布良300-6
■電話:0470-28-1654・28-2946
■営業時間:11:30~20:30(21:00閉店)
■定休日:火曜日(祝日の場合は翌日休)

大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1008

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)