2013年09月13日

ベージュ アラン・デュカス

リードヴォーのソテーとオマール海老、ジロール茸とアーモンドのソース
リードヴォーのソテーとオマール海老、ジロール茸とアーモンドのソース

ベージュ アラン・デュカス東京は、シャネルとアラン・デュカス氏がコラボレーションするレストラン。同じくアラン・デュカス氏がプロデュースするビストロブノワのシェフだった小島景氏がベージュのシェフに就任して以来、今回が初めての訪問になった。

ベージュ アランデュカス

ベージュ アランデュカス

店内は広々として清潔な印象。席に着くまでの間、気持ちのいい空間を一通り歩いて奥の席に着いた。まるで演出のような案内の仕方だが、客を店の空気になじませる効果があるようだ。

コースはシェフおまかせメニュー(アミューズ、4皿、デザート)22,000円にした。季節野菜のバリグールとアワビ、リードヴォーのソテーとオマール海老、ジロール茸とアーモンドのソース、オナガ鯛とフェンネルのブレゼ、レモンとトマトのソース、ルーアン鴨のア・ラ・ブロッシュ、フォアグラとジャガイモのフォンダン サルミソース。適度な間隔で料理が運ばれてくる。一つ一つがしっかりとした個性を持っているので、どの料理も印象に残る。日本全国から食材を厳選しているだけに、メインの食材は存在感がある。小島シェフが多用する鎌倉野菜のおいしさは格別で、すべての皿にもっと野菜を使ってほしいと思ったほどだ。

デザートは、ババ モンテカルロ風にした。これはブノワでも食べることができるが、ここでもまた食べたくなった。プティ・フールとして、マカロンやチョコや、シャネルのマーク付きのチョコレートなども出された。それから、この日は記念日ということで、特別にプレートも用意してくれていた。

季節野菜のバリグールとアワビ
季節野菜のバリグールとアワビ

オナガ鯛とフェンネルのブレゼ、レモンとトマトのソース
オナガ鯛とフェンネルのブレゼ、レモンとトマトのソース

ルーアン鴨のア・ラ・ブロッシュ、フォアグラとジャガイモのフォンダン サルミソース
ルーアン鴨のア・ラ・ブロッシュ、フォアグラとジャガイモのフォンダン サルミソース

個性の出たはっきりとした料理は、食べていて気持ちのいいものだ。シェフがやりたいことを十分にやれているように感じた。アラン・デュカス氏の小島シェフに対する信頼の表れではないかと思う。ベージュの方に聞くと、実際そうらしい。今まで僕は、アラン・デュカスグループのシェフたちは、デュカス氏の作ったメニューを各国で実践しているものだとばかり思っていた。そういう場合もあるのかもしれないが、小島シェフに関してはちょっと違っているようだ。

小島シェフが考えたメニューを、デュカス氏の考えに沿っているかどうかチェックはするものの、基本的に最初のアイデアはほぼそのまま通るようだ。小島さんが厨房で生き生きとして見えるのは、そういう信頼関係がベースにあるからだろうか。

ババ モンテカルロ風
ババ モンテカルロ風

ベージュ アランデュカス

この日はアラン・デュカス関係の人に予約をお願いしていたので、僕が小島シェフのファンだということを知っていて、食後に厨房も見て行って下さいと声を掛けてくれた。もちろんほとんどの料理を出し終わった遅い時間に、迷惑にならないように入口の近くで見学させてもらった。

ピカピカに磨き上げられた厨房は、整然としてごみ一つない清潔な空間だった。小島さんと少しお話をして、写真を一枚撮らせてもらった。その会話の中で、どうしても聞きたかったことをひとつだけ聞いてみた。

プティ・フール
プティ・フール

ベージュ アランデュカス
記念日のプレート

小島景シェフ
小島景シェフ

ブノワのシェフだった頃、毎朝鎌倉で野菜を買って、それを2袋ほど抱えて電車で通勤していると聞いたことがある。毎朝、自分で確認した野菜を使うというところに感銘を受けたのだが、それはビストロブノワだからできたことなのかもしれない。ベージュ アラン・デュカスはアラン・デュカス氏の名を冠したガストロノミーだ。ブノワと同じようにはできないのではないか。この質問をぶつけた時、小島さんは、「まだやってますよ」と当然のように答えてくれた。ベージュ アラン・デュカスのシェフが毎朝自分で野菜を買ってくる。他の高級店ではありえないことだと思う。長年続けるということだけでも大変な苦労があるはずだ。

ベージュ アラン・デュカス東京は、シャネルとアラン・デュカス氏がコラボレーションするレストランだ。その中にあって、小島さんの個性やこだわりはしっかりと主張されていた。小島さんがスーシェフをしていた三ツ星店ルイ・キャーンズの影響もあるようだし、思った以上にやりたいことがやれているという印象を受けた。


■店名:ベージュ アラン・デュカス 東京
■住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング10F
■電話:03-5159-5500
■営業時間:11:30~14:30、18:00~23:30(L.O.21:30)
■定休日:月曜日


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1000

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)