2014年05月27日

日光 精進料理 堯心亭

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)
日光に旅行した時、夕食を食べて帰ることになった。遅い時間だし特に行きたい店があるわけではなかったが、調べてみると、「堯心亭(ぎょうしんてい)」という店に興味が湧いた。日光で唯一の精進料理専門店だという。

日光東照宮の隣にある「明治の館」は、アメリカの貿易商ホーン氏の別荘で今はレストランとして使われている。その他にも5軒ほど系列のレストランがあるが、堯心亭もそのひとつ。

店に入ると広い座敷に通された。その中にテーブルが並べられて、皆庭を向いた席になっている。隣との間に仕切りはあるものの、個室ではないので、他のお客さんの様子もなんとなく分かる。みんなで同じ庭を見ているという感覚もあって、不思議な雰囲気だ。

メニューは、懐石弁当(昼のみ)3,150円、精進料理3,990円、精進本膳5,775円、懐石膳3,990円、懐石料理5,775円、おまかせ懐石料理8,400円~となっている。精進料理と懐石料理に分かれていて、品数などが違うコースがある。中途半端な時間だったこともあり、品数の少ない懐石膳3,990円にした。元々は精進料理に惹かれて来たのだが、実際注文する時になると気が変わってしまった。

刺身は「戻り鰹の土佐造り」。これは結構な量がある。「揚巻湯波」は温かくて甘い味付け。そのあとの「八汐鱒(ます)たずな焼」も甘めだがいい香りがする。コースはこれでもかなりボリュームがある。

サービスはとてもよくて、気分よく食事ができた。お茶は何度も入れ替えてくれるが、甘味の時には香りのいいほうじ茶に変わった。

帰りはもう暗くなっていた。お会計の時にタクシーを呼んでもらえばよかったのだが、何も考えずに店を出てしまった。駅まで歩いて25分ほどだというから歩けなくもない。それで歩き始めてしまったのがよくなかった。道は真っ暗で、単純な道のはずなのに所々で間違えたりする。旅行はいつも行き当たりばったりだが、夜遅くなる時は気をつけないと。

懐石膳3,990円
先付:若水菜と板麩の胡麻浸し、千代口:生引上湯波、壺:胡麻豆腐、刺身:戻り鰹の土佐造り、平椀:揚巻湯波 さや、焼物:八汐鱒(ます)たずな焼、煮物:里芋・厚揚・椎茸・印元(いんげん)・もみじ麩、揚物:鱚(きす)のはさみ揚・秋茄子・薩摩芋、飯椀:湿地(しめじ)飯、小皿:香の物、汁椀:赤出し汁仕立、甘味:南瓜羊羹。

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)2

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)3

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)4

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)5

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)6

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)7

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)8

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)9

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)10

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)11

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)12

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)13

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)14

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)15

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)16

日光 精進料理 堯心亭(ぎょうしんてい)17

■店名:堯心亭(ぎょうしんてい)
■住所:栃木県日光市山内2339-1
■電話:0288-53-3751


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1056

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)