2014年06月19日

日比谷BAR WHISKY-SⅡ 銀座

日比谷BAR WHISKY-SⅡ2
5月にオープンした日比谷BAR WHISKY-S Ⅱにサントリーさんの企画で訪問してきた。日比谷BAR WHISKY-SⅡはWHISKY-Sの2号店。白州を中心としたウイスキー専門店だ。

日比谷BAR WHISKY-SⅡ1

日比谷BAR WHISKY-SⅡ2

日比谷BAR WHISKY-SⅡ4

日比谷BAR WHISKY-SⅡ5
森林鶏のグリル 特製白味噌ソース

日比谷BAR WHISKY-SⅡ6
白州Wソニック

日比谷BAR WHISKY-SⅡ7
場所は銀座の新しいビル。以前気に入っていた広々としてゴージャスな日比谷バーがあった場所だ。ビルを建て替えたので、その店はなくなったが、再び同じ地にまた日比谷バーができたことになる。

エレベーターを下りると、目の前にウイスキー樽のディスプレイが現れた。壁からも天井からも樽が飛び出ている。ウイスキー専門店であることをストレートに表現した、なかなか面白い仕掛けだ。

店内は白州らしい緑と茶色を基調にしたシンプルな内装。白州は水と空気が綺麗な白州の森の中で造られている。その爽やかな緑のイメージが落ち着いた雰囲気によく調和している。

店内には南アルプスの森の写真なども展示されている。白州の豊かな自然を展示することで、「森の蒸留所」と言われる白州蒸留所のイメージをアピールする狙いがあるのだろう。

日比谷BAR WHISKY-SⅡ8
森の恵みカクテル

日比谷BAR WHISKY-SⅡ9

日比谷BAR WHISKY-SⅡ10

日比谷BAR WHISKY-SⅡ11
信州名物 野沢菜入りの白州ソーセージ

日比谷BAR WHISKY-SⅡ12

日比谷BAR WHISKY-SⅡ13
サバ紫蘇サンド

乾杯の時間になり、白州のソーダ割り「白州 森香るハイボール」が並んだ。やはり一杯目はこれだ。白州は爽やかで甘い香りの中にスモーキーな香りを隠している。ハイボールにするとその香りが立ち上がってくるのだ。普段穏やかな味わいだからこそ、こんなにスモーキーなウイスキーだったのかと意外に思うことがある。白州はハイボールにするとうまいウイスキーの代表のようなものだ。

森香るハイボールのあとは、日比谷BAR WHISKY-SⅡオリジナルの「ソニック」にした。白州を南アルプスの天然水ソーダとトニックで割ったもので、1杯目に最適なカクテルとしてWHISKY-SⅡが提案しているものだ。氷はミントの入ったミント氷。これも面白いアイデアだ。白州のカクテルはいろいろと用意されていて、様々なスタイルで楽しむことができる。フレッシュハーブやフルーツで四季や森を表現した「森の恵みカクテル」も面白い。ハーブの恵み、ベリーの恵み、白桃の恵み、リンゴの恵み、花の恵みと全5種類。どれも個性があってテーブルに並べると華やかな印象になる。

日比谷BAR WHISKY-Sだけの限定ウイスキーというのもある。白州のブレンダーが特別にボトリングしたものだ。爽やかな森の香りと果実香のする「森の息吹」、バナナのような香りとコクと甘みのある「森の香り」、そしてこの中でも一番高級な「自分らしさ」。

日比谷BAR WHISKY-SⅡ14
森の息吹、森の香り、自分らしさ

日比谷BAR WHISKY-SⅡ15

日比谷BAR WHISKY-SⅡ16

日比谷BAR WHISKY-SⅡ17

日比谷BAR WHISKY-SⅡ18

日比谷BAR WHISKY-SⅡ19
日比谷BAR WHISKY-SⅡは白州に合う個性的な料理も用意している。特に特徴的なのはオリジナルの燻し器を使った「燻し惣菜」を多用しているところだ。紫蘇べったら漬け、鰆の塩マリネ、森林鶏のグリル特製白味噌ソースなどどれも白州によく合う。

白州を入れて蒸した、森香るグリーン蒸し野菜や、信州名物野沢菜入り白州ソーセージなど、白州という土地をイメージさせる料理が多い。サバ紫蘇サンドなど魚を使った料理も美味しかった。どれも白州に合うように考えられているようで、何を食べてもハズレはなかった。

ウイスキーは、樽で熟成させる間に、色が変わってゆき、量も少しずつ少なくなるなど刻々と変化していく。その様子がよく分かるように樽の中が見えるようにしたディスプレイがバックバーに並んでいる。ちなみに熟成中に揮発したウイスキーのことを「エンジェルシェア」という。日本語でいうと「天使の分け前」。スコットランドの洒落だが、この樽のディスプレイにはそういう意味もあるのだ。

僕らはテーブル席だったが、カウンター席もなかなかよさそうだ。外のテラスにも席があるというので見に行くことにした。外に出ると階段があって、登っていくと横に東京タワーを見ることができる。階段の上はテラスになっていて、外の風を受けながら白州を楽しむことができる。夏になったらテラスで森香るハイボールを飲むというのも、なかなか気持ちよさそうだ。

日比谷BAR WHISKY-SⅡ20

日比谷BAR WHISKY-SⅡ21

日比谷BAR WHISKY-SⅡ22

日比谷BAR WHISKY-SⅡ23

日比谷BAR WHISKY-SⅡ24

■店名:日比谷BAR WHISKY-SⅡ
■住所:東京都 中央区銀座5丁目6-5 NOCO 8F
■電話:03-3573-8011
■HP:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/S000005183/


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1062

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)