2014年07月23日

池袋 トラットリア コン・アマーレ

池袋 トラットリア コン・アマーレ1
サントリーさんの超達人店のザ・プレミアム・モルツを味わう企画で池袋のトラットリア「コンアマーレ」を訪問した。池袋駅近くにあるとは思えない隠れ家的な落ち着いた雰囲気と、女性オーナーの温かいサービスで人気のイタリア料理店だ。

池袋 トラットリア コン・アマーレ2

池袋 トラットリア コン・アマーレ3

池袋 トラットリア コン・アマーレ4
超達人店になるには数々の厳しい条件をクリアしないといけない。料理も生ビールも真面目に出している店とはいえ、小さな店がこの厳しい基準をクリアするのは並大抵のことではない。すでに定着している「樽生達人の店」の中でも、サントリーがお墨付きを与えた特別な店なのだ。

トラットリア コン・アマーレは、池袋駅から徒歩3分という立地だが、ビルの2階という目立たない場所にあるせいか店内は落ち着いた雰囲気。この繁華街のど真ん中にあって、静かにイタリア料理が楽しめる店というのは貴重な存在だ。

まずはザ・プレミアム・モルツの生ビールをお願いした。毎度毎度、このクリーミーな泡には取材を忘れさせる魅力がある。どの料理を注文するかで迷っているうちに立て続けに2杯飲んでしまった。

池袋 トラットリア コン・アマーレ5

池袋 トラットリア コン・アマーレ6

池袋 トラットリア コン・アマーレ7
コン・アマーレは函館直送の鮮魚や食材を活かした本格イタリア料理店が特徴だ。函館直送の鮮魚でカルパッチョも作ってくれる。「下記より3品お選び下さい」と書かれていて、本マグロ、真鯛、ヒラメ、柳カレイ、天使の海老、アイナメとある。本マグロ、真鯛、天使の海老でお願いしたが、真鯛が終わっていたので黒鯛で出してもらうことになった。

和牛頬肉のバローロ煮込みは人気ナンバーワンのメニュー。5日間かけて作るソースと、バローロワインで柔らかく煮込まれた和牛頬肉は最高の組み合わせだ。これはまたプレモルによく合う。ここでまたもう1杯追加してしまった。

2番人気は、生うにとほうれん草のうにクリームスパゲッティ。生うにをふんだんに使ったうにソースに生クリームを合わせて濃厚な味わいになっている。

フルーツトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼサラダは、完熟のフルーツトマトとモッツァレラチーズがバジルソースによく合った定番の一品。

料理がおいしい店に来ると、もう1品もう1品と頼みたくなる。マルゲリータピッツァを注文してプレミアムモルツもまた1杯追加。食べる方も飲む方もいつの間にか進んでしまう。

池袋 トラットリア コン・アマーレ8

池袋 トラットリア コン・アマーレ9
最後はティラミスとガトーショコラを注文。ティラミスはイタリア産マスカルポーネを使用した本格派だ。ここまでくると、結構食べてしまった感はあるが、取材とはいえ、たまには思いっきり楽しんで食べるのも悪くない。

池袋駅近にあって、落ち着いた雰囲気で本格的なイタリア料理を楽しむことができる。函館直送の鮮魚を使うなど特徴のある料理は印象に残った。女性客が多く、すでに多くのファンを獲得している店のようだ。


■店名:トラットリア コン・アマーレ
■住所:東京都豊島区南池袋1-20-11 植原ビル2F
■電話:03-5944-9322
■HP:http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00147660/
■超達人店HP:http://gourmet.suntory.co.jp/find/s_search/sp__11ZESGG1302A/temp__chotatujin/


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1069

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)