2014年08月31日

酒菜 おかだ 銀座

酒菜 おかだ1
サントリーさんの企画で銀座の「酒菜 おかだ」に行ってきた。おかだはザ・プレミアム・モルツの「超達人店」。生ビールにはこだわりのある店だ。

雑居ビルの4階でエレベータを下りると、目の前におかだの暖簾が下がっていた。店内には廊下があり、ちょっとした割烹風になっている。奥にはカウンターとテーブル席、途中にいくつか個室もあるようだ。中程には併設されたバーもある。

酒菜 おかだ2

酒菜 おかだ3

酒菜 おかだ4
少し遅い時間だったので、店内にはすでに先客がいて楽しそうに酒を飲んでいた。カウンターと手前のテーブルにはカップルらしき2人組。どちらも銀座っぽい雰囲気のふたり連れだ。カウンターには常連の男性3人が板前さんと何やら話をしている。僕らはその後ろ側のテーブルに通された。

最初の一杯はザ・プレミアム・モルツの生ビールにした。きめ細やかな泡はいつまでも切れない。見た目だけでなく、スッキリと飲みやすいのも超達人店の生ビールの特徴だ。

酒菜 おかだ5

酒菜 おかだ6

酒菜 おかだ7
さて料理も頼むことにしよう。「和牛コロッケ」は小さいそうなので、1人1個にした。サラダは「おかだサラダ」。「本日のおさしみ」から青森の平目と奄美大島の本鮪赤身を注文。「真鯛の兜」は煮つけ、塩焼き、酒蒸しとあるが、煮つけにした。兜が二つあるところをみると、2人前になっているのだろうか。1人前にしては量が多い気がする。最後にイタリア産 鴨ロースカレー風味と、うにいくら丼、ステーキ丼をお願いした。

酒菜 おかだ8

酒菜 おかだ9

酒菜 おかだ10
さすがに銀座の料理屋だけあって、飲み物以外のメニューに金額は書かれていない。はじめての人は注意した方がいいかもしれない。かく言う僕らも、「1人7千円くらいかな」などと思っていたが、お会計は軽くその倍以上。酒を飲みすぎたというのもあるのだが、それも含めてやや反省した。

カウンターには板前さん2人、サービスの人は3人とかなり人数をかけている。小さな店だが高級店風の設えだ。銀座でおいしい生ビールを楽しみながら、じっくりと話をしたい時には適した店かもしれない。

■店名:酒菜 おかだ
■住所:東京都中央区銀座8-5-19 園枝ビル4F
■電話:03-3571-3555
■HP:http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0335713555
■超達人店HP:http://gourmet.suntory.co.jp/find/s_search/sp__11ZESGG1302A/temp__chotatujin/


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1074

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)