2014年12月04日

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町3
新築の日本生命丸の内ガーデンタワーの地下にできた「うおまん ダイニング」。一つのフロアに和食、日本酒バル、スペインバル、台湾小皿料理、カフェ、貸切りパーティースペースなど6つの個性的な店舗を展開し、この中で自由にハシゴできるのが特徴だ。いちいち会計をする煩わしさがなく、そのまま移動して会計は最後にまとめて一回だけ。忘年会で使うと面白い店だと思う。

二軒目はサントリーさんが予約してくれていた個室の和食「うおまん」に行った。いろんなタイプの個室があるのだが、この部屋は見るからに一番いい個室。VIPルームだ。

最初に出てきた「特選 造り盛合せ」には驚いた。大きな氷の器の内外に美しい刺身が並べられている。「料理長おすすめ!特選 造り盛合せ<松>」、「信楽大皿!豪快造り盛合せ<竹>」、「本日の造り盛合せ<梅>」と3種類あって、全てこの氷の器で提供されるらしい。いったい1日に何セットくらい用意しているのだろうか。魚は料理長自ら毎日築地に足を運んで選んでいるという。魚の質の高さとボリュームはなかなかのもので、値段からするとかなりの割安感がある。

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町1

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町2

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町4

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町10
1杯目はとりあえずザ・プレミアム・モルツ。このグラスはほんとに泡がきれいに残る。そのあとは「THE泡ハイボール」。角ハイボールにプレモルの泡を乗せたもので、時々目にするけど見かけるとたいてい注文してしまう。

日本酒も充実している。「醸し人九平次」、「紀土(KIDキッド)」、「美丈夫しゅわ」など。「醸し人九平次」は前にブログにも書いたことがあるけれど、フランスの三ツ星レストランにも置いているという酒。「美丈夫しゅわ」は名前の通りグラスに注ぐと「しゅわ」と弾ける吟醸酒に炭酸を入れた酒だ。

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町5

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町7

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町6
「フォアグラと大根のステーキ」、「那須 高原豚のやわらか角煮」、「生ハムとモッツァレラチーズのイタリアンサラダ」なども注文。見た目が綺麗で味がいい。そして酒も進む料理ばかりだ。

最後はウイスキーを飲むことにした。山崎、白州12年、響17年、響21年とあるが、響17年にした。

シメは信楽釜で炊き上げた「名物!鯛めし」だ。鯛めしを食べた後は秘伝の出し汁を加えて鯛茶にする。「うおまん」は立派な個室があって落ち着ける店だから、最初の1軒としていいかもしれない。でもこの鯛めしを食べてしまうと、その考えは一変した。ハシゴの最後の最後に鯛めしだけ食べに寄る。そんな使い方もありかもしれない。

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町8

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町9

うおまんダイニング 和食「うおまん」 大手町11
ハシゴができるのが特徴の「うおまんダイニング」だけに3軒は行きたかったが、どうやら1軒目でしっかり食べすぎたようで、かなりいい時間になってきた。残りの店は次回の宿題にして、この日はこれで帰ることした。気軽に使える雰囲気のいい店なので、できれば年内にもう一度、忘年会かなにかの時に寄りたいと思う。

■店名:うおまんダイニング
■住所:東京都千代田区丸の内1-1-3日本生命丸の内ガーデンタワーB1
■電話:03-5224-5510


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1097

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)