2015年01月14日

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)1
年末年始は福岡の実家に帰省した。いつものようにまずは京都に寄って、今回は在来線で途中下車しながら帰ることにした。京都に着くと、まずは嵐山に向かった。

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)2

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)3

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)4

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)5
嵐山を見て回ってお昼はうなぎを食べる予定だ。少し時間があるので、先に天龍寺に行くことにした。法堂「雲龍図」の特別公開は土日祝日のみらしい。この日は平日だから見ることはできない。とりあえず庭園でも見ながら散歩することにしよう。大きな池のある素晴らしい庭だ。季節がよければきっと紅葉が綺麗に映えるだろう。すぐ横には凛とした威厳のある大方丈。その隣に天龍寺直営の精進料理店「篩月(しげつ)」があった。

園内を散歩している時たまたま見つけたのだが、これほど心惹かれるのも珍しい。うなぎを食べるのは決まっている。どちらかひとつ諦めるにしても、どちらを選べばいいのか。でも「迷ったら両方食う」のが我々のセオリー。片方は精進料理だし、なあなんとかなるだろう。

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)6

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)7

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)8
座席数は250席。いくつか部屋があるようだが、25畳の大きな畳の部屋に通された。両側に赤い絨毯が細長く敷かれ、部屋を横断している。片側には手前と奥に家族が座っていた。僕らは奥の家族の向かいに座ることにした。

メニューは3種類。花(一汁七菜)7,000円、月(一汁六菜)5,000円、雪(一汁五菜)3,000円。サービス料等はないが、篩月は庭園内にあるので、別に庭園参拝料500円が必要。「月」と「花」は前日までの予約とのことなので、必然的に「雪」を頼むことになった。

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)9

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)10

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)11
さすがは精進料理だけあって、さっぱりとして体によさそうなものばかり。でも意外だったのは、思った以上に食べ応えがあったことだろうか。満腹とまではいかないが、この後うなぎをおいしく食べることができるのか若干不安になる。

お客さんは外国人が多かった。篩月に限ったことではなく、天龍寺周辺ではアジア系外国人の姿をよく目にした。日本人と同じかそれ以上が外国からの旅行者のようだ。日本人が天龍寺にどの程度関心があるか分からないが、やはり世界遺産の知名度は大きいのだろう。

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)13

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)12

天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)14
篩月はこの建物で平成12年から営業しているらしい。その前は大方丈の中で出していたそうだ。トータルでは40年以上になるという。高野山に行った時、とても大きな板の間でお茶とお菓子をいただいたことがある。あれも大方丈のような建物だったが、篩月の料理も元々は境内で振る舞うものだったのだろう。今の建物も悪くはないが、やはり大方丈でも一度食べてみたかった。

さて、次はうなぎだ。お腹はいい感じになってきたが、うな丼くらい食べれなくはないだろう。


■店名:天龍寺 精進料理 篩月(しげつ)
■住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 天龍寺龍門亭
■電話:075-882-9725


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1102

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)